本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

春の日南・瀬戸内クルーズ2日目〜3日目

nipponmaru_nichinan

こんにちは、かもめ課長です。

日南の油津港を出航したにっぽん丸、丸窓を眺めていると雨上がりの空が綺麗でついつい感動してしまいました。見渡す限り360度が海、水平線しか見えないその彼方に沈む太陽が見たこと無いほどに真ん丸でした。やっぱり夕陽を見るのは涼しい日の海の上が一番です。真冬の海だとちょっと肌寒いので、冬から春に移り変わる今くらいが一番お薦めです。

IMG_5050a

photo|Kotaro Okamoto

最終日は瀬戸内海で写真講座が開かれました。どうやったらうまく撮れるかレクチャーを受けた後に、実際デッキにあがってベストショットを狙うという講座です。中にはにっぽん丸写真師の姿も・・・「本日はにっぽん丸写真師が誰よりも上手く撮って3階に貼り出します!」そんなプレッシャーを受けながらも素晴らしい写真を撮ってくれました。まさに教室で撮ろうとした狙い通りの1カット。記念に上手な写真師さんの写真をお借りしました。

_1DX2307a_web

photo|Kazashito Nakamura

講座の最期には皆様と記念写真をパチリ。「待って〜私達も〜!」と後から加勢してくれた方々も含めてかなりの人数になりました。プロのような1枚が撮れた喜びに万歳!行き過ぎていく瀬戸大橋をバックに7階のスポーツデッキが盛り上がりました。多くの方々はそのままデッキで島なみの撮影を続けているご様子。かもめも頑張らなくては〜!次回いい写真が撮れたらまたこちらでも発表したいと思います。この記念写真も皆様の良い思い出になりますように・・・。こうしてゆったりと神戸港に戻っていきました〜。

春の日南・瀬戸内クルーズ1日目〜2日目

_1DX2089

こんにちは、かもめ課長です。

“春の日南・瀬戸内クルーズ”に乗船してきました!神戸から出港した翌日に、日南市の油津港に寄港、またその翌日に神戸に戻る気軽な三日間クルーズです。かもめは出港してすぐにリドテラスへ、目当てはにっぽん丸バーガーです!出港は朝11時と少し早いランチにぴったりなのです。とは言え、にっぽん丸バーガーは売り切れることも無いのですが・・・久々乗船だったので楽しみにしていました。

nichinan

翌朝は油津の港に着岸しました。油津は宮崎県日南市にある小さな港、着いてまもなく舞踊と演奏でウェルカム、このローカルさがほんわか良い雰囲気です。港の前に出来た仮設テントの商店街は10軒くらい並んでいました!仮設らしからぬ活気の良さについつい財布の紐もゆるみます。

宮崎らしく焼酎、地酒、魚のだし、柑橘系や浸けた鶏肉、中にはいきたチョウザメも水槽ごと来ていました。鮫とつきますが、どうもチョウザメは鮫ではないらしいです。皆さんよくご存知のキャビアを産むことでチョウザメは有名ですが、実は鮫と名前に付くだけで鮫ではなかったなんて知りませんでした!しかも驚くなかれ、ここではそのままチョウザメを食用にしたり、宮崎県チョウザメカレーなるものもあるのだとか。さっぱりした味はヘルシーで女性にも人気だそう。日本ではあまり飼育されていないので今回見たチョウザメは貴重です。かもめも興味を引かれたのですが、この日は柑橘系を沢山買って帰ることにしました。

nichinan02

にっぽん丸は夕暮れ時に時間通り出航、岸壁では日南市の皆さんが大きな声で叫んでくれました。

お気をつけてー!

ありがとうございましたー!

またぜひ日南市、油津へおこしくださーい、

また美味しいもの食べに来てくださーい、みんなで待ってまーす!

地元の温かさに触れるといつも旅の良さを感じます。岸壁ではにっぽん丸から投げられた紙テープをたぐり集める方も。だんだんと離れていっていつの間にか切れて、見えなくなるまで手を振ってくれていました。こうしてにっぽん丸は元の寄港地、神戸港へと戻って参ります。

ムーランって何?

こんにちは、かもめ課長です。

夕方にドルフィンズクラブの会報誌を見ていたら「ムーラン」という聞き慣れない言葉が出てきました。ディズニーのキャラクターじゃないし、中国の映画でもないし・・・漢字で「木蘭」、英語だとMulanと書くそうです。

木欄は中国の伝統文芸に出てくる人物の名前、この物語が何とも壮絶で「ヒロインなのに病の父に代わり男装しながら従軍して戦って勝利する」というあまり日本では聞かないようなストーリーです。ディズニーのmulanもこのヒロインをモデルにしているというから驚きです。

2014-03-11 13.23.34a_600x240

あれ?ムーランって何?実は今回のムーランは調理器具でした。写真にある取手を回す器具がムーランと言うそうです。野菜や素材を裏ごしするための大きな粉砕器のこと。にっぽん丸ではこれを厨房で使っているのです!やっと、答えに辿り着きました。「食材の旨味を余すことなく活かす、牛肉の煮込み」を作るための食材と器具ですね。裏ごしには牛すじ肉、人参、タマネギ、セロリ、トマト、香草やペッパーなどを加えて、ゆっくり時間をかけて漉して煮詰めて寝かせて煮詰めること7日間・・・やっと味の決め手、滑らかなデミグラスソースが完成するのだそうです!

1394587219188

じゅるり。牛肉の煮込み、お腹が空いている時に見てはいけないものでした。敢えてあっさりと仕上げるために赤ワインを使わないのもにっぽん丸独特の調理法だそうです。そういえば何度も書いていたムーラン、聞かれたら何と答えれば良いのか分からなくなってきたかもめです。実はこの「木欄」、日本では「もくれん」と読み、あの「紫色の蓮のような花」のことを指すのだそうです。ふむふむ。では結局「ムーランって何?」、もし乗船された際には料理長にも聞いてみてください〜。

かもめのオアシスクルーズ乗船日記 3日目

_D3_9811

こんにちは、かもめ課長です。

オアシスクルーズ最終日はお昼に下船。最終日までぎっしりイベントやエクササイズが盛りだくさんに予定されていました。ですが、なんと言っても嬉しかったのはお天気です。澄み渡る青空、小さな雲は綿菓子を作ったように軽くゆったりと泳いで最高のクルーズ日和に恵まれました。

_D3_0055

特に横浜からこれほど綺麗に富士山が見えるなんて、ということに感動しました。かもめも横浜港からこれほどしっかりと富士山を見たのは初めてです。赤レンガやクイーンズスクエアと同じくらいくっきりはっきり見ることが出来ました。

_D3_9830a

この二日間、とくに初日は雪だったのでデッキではそれほど多くの人を見かけませんでした。ウズウズしていた皆様もこの日ばかりは朝陽から下船までずーっとデッキで過ごしたり、イベントの合間を縫ってテラスでゆっくりしたりとそれぞれのクルーズライフを楽しんでいらっしゃいました。

_D3_9597

最期、思い出したようにお土産を買いに行く方が大勢いらっしゃいました。それもそのはず、今クルーズ限定のエヴァンさん&川島さんのスペシャルギフトがあったのです。(限定だったので残念ながらもうありません!)ちらっとそちらの写真だけ手に入れました!

そしてお昼になると無事に横浜港大桟橋に着岸。かもめの印象はあっという間の三日間でしたが、とってもスペシャルで想い出深いクルーズでした。皆様にとっても良い思い出になりましたでしょうか、そしてまたのご乗船をお待ちしておりますね!

ページトップへ