本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

雑誌CRUISE最新3月号はにっぽん丸が盛り沢山、その2

01_20170224_115452
こんにちは、かもめ課長です。

雑誌『CRUISE』3月号の盛りだくさん特集は既に13ページ、さらに続くその2はにっぽん丸の人物特集です!76ページ目に見開きで取り上げられているのは、にっぽん丸シニアクックの喜多晋太郎さんです。にっぽん丸で働く前はイタリアンレストランで同じくクックをしていたそうです。

02_20170224_115458
にっぽん丸船上でもその経験を活かすべくギャレーエリアで洋食の要でもあるソースを担当、さらには味付けの仕上げを総料理長と共に行う日もあるそうです。意外な趣味は重さ9キロもあるダンベルで体を鍛えること、やっぱり料理人は1にも2にも体力は必要なのだなぁと勉強したかもめです。

03_20170224_115513
人物特集もまだまだ終わりではありません!96ページからは客船評論家のダグラス・ワード氏が来日したことをうけ、弊社の代表でもある山口直彦が日本客船協会(JOPA)の会長として特別対談をしている記事が掲載されています。

04_20170224_115542
お二人が出会ったのは今から25年前のこと、ちょうどふじ丸などの日本船が就航した直後に遡るそうです。お話された内容は「日本の、世界の、クルーズはいま」という興味深いお題、やはり内容は専門的な領域に入っていきます。この四半世紀の間に欧米ではクルーズを楽しむ人口は10倍になった、しかし国内ではそれほど急激な伸びは見られないと言います。欧米ではクルーズを舞台にしたテレビドラマが人気を博したり、続く新造船。実は日本はこの10年の間、新しい造船も全くないのです。

05_20170224_115529
他にも興味深いクルーズマーケットに関するお話が・・・中でもかもめが注目したのは「日本はクルーズの日を作らないのか」というダグラス氏の言葉です。何でも英国ではクルーズ週間なるものがあるらしく、国をあげてのクルーズイベントが多数行われるそうなのです。それなら日本もにっぽん丸の日!なんていう休日が出来ても面白いかもしれません!?と勝手なかもめです。

06_20170224_133820
やーっと最後までページをめくることができました。にっぽん丸は登場すること20ページ!さらに入港カレンダーや客船ランキングも入れれば数え切れないほどのページ数です。ふーっと雑誌を閉じると、ななななんと裏表紙にもにっぽん丸が!いまや名物のひとつとも数えられる南京玉すだれの3人組が登場しています。最初から最後までにっぽん丸尽くしの一冊でした!よかったら皆さんもお手にとって見てくださいね。

雑誌CRUISE最新3月号はにっぽん丸が盛り沢山、その1

01_20170224_115316
こんにちは、かもめ課長です。

雑誌『CRUISE』3月号にはにっぽん丸が盛りだくさんで登場しています!初めの特集は54ページ目から4ページにわたる「にっぽん丸で航く、新ニッポン紀行」です。雑誌の誌面で4ページ!コレだけでも結構驚きのボリュームです!

02_20170224_115355
ここでかもめが注目したのは夏祭クルーズでお馴染みにっぽん丸連の晴れ姿。機関長、GM、クルーズディレクターの3役が先陣をきってその奧にはにっぽん丸のクルー、お客様、またクルーと続いています。ん?お客様??そう!夏祭クルーズではツアーで阿波踊りに参加出来るのです。プロも踊る演舞場で同じように踊る体験が出来るのはとっても貴重なのです。

03_20170224_115401
加えて紹介されていたのは”ぐるりにっぽん 輪島花火とロシアクルーズ”。今年の5月末から始まるクルーズで、昨年も近い日程のロシアクルーズが催行されていました。何を隠そう、かもめも昨年に乗船していたので記事を読んでいると懐かしさが込み上げてきます。巨大マトリョーシカのナターシャも乗船!とありますが、とっても好評で今年から船内ショップ”アンカー”でグッズが売り出されるそう・・・。ご乗船の方はぜひチェックです!

04_20170224_115429
雑誌『CRUISE』3月号のページをめくって・・・次は71ページ!「海の写真家のベストショット にっぽん丸で出会ったここだけの景色」という特集が始まります。こちらは7ページの特集でにっぽん丸に100回以上乗船してきた写真家が選ぶベストクルーズの特集・・・選ばれたのはどんな景色でしょう!?

05_20170224_115443
「船でしか、にっぽん丸でしか出会えない景色」・・・そう、それは例えば軍艦島!あるいは小笠原!どちらも船でしかいくことが出来ない場所ですね!さらにここだけの景色で選ばれたのは意外にも船内のワンシーン。夕暮れ時ににっぽん丸の船内は茜色に染まるそうです、というのもにっぽん丸のスリムな船体は両側が窓に囲まれているため両方から船内が照らされているような空気になるのです。

06_20170224_133803
さらに3月号にはにっぽん丸の登場するページが盛りだくさん、84ページには「読者モニタークルーズレポート 夫の夢を叶えた、にっぽん丸の旅」という特集が始まります!なんでも若い頃に航海士をしていたご主人とご夫婦での乗船、リタイアしてからいつか海の上で星空を見上げたかったという夢があったそうです。

07_20170224_133808
ご乗船されたのは初秋のサハリン・利尻クルーズ。利尻や稚内を楽しみ、いよいよ日本を出国してサハリンに向かう夜のこと、空をみあげると柄杓星など見たかった星座が空一面に広がっていたそうです。ロシアでも民族舞踊やロシア料理を堪能されたそう。「眠ってしまうのがもったいないくらいの船旅でした」という感想まで書いてありました!素晴らしいクルーズの体験記をありがとうございます!

08_20170224_115334
さて、今まで雑誌『CRUISE』3月号での特集を追ってきましたがだいぶ長くなりました。なんと総勢13ページ。しかもさらにさらにこれだけ書いてもまだもうひとつにっぽん丸の特集があるのです!・・・それも書きたいところですが、長くなってきたので来週に続きます!

寒い日が続き・・・得意の現実逃避です!

01_X2_7298
こんにちは、かもめ課長です。

先週出張から東京に戻ってくると粉雪がちらつきアスファルトもうっすら雪化粧が・・・日本各地でも大変な大雪になっているそうでまだまだ春は先かなぁと寒さに震えているかもめです。

02_1DX6073raw
そんな時は得意の現実逃避です。3月の小笠原、4月の沖縄、5月の八丈島、それに6月の北海道なんかもきっと最高の気候なのかなぁ・・・と夏の海が好きなかもめは今からウズウズしています。

03_D4_5869raw
初夏の函館も久しぶりに設定されたクルーズな気がしています。飛んでクルーズが小樽発着中心だからでしょうか。札幌が玄関口だと小樽が便利なのは納得、函館はどちらも片道での設定です。

20170213_073904
実は、以前から片道のクルーズを乗りこなすのはかもめの旅の憧れなのです。今期のパンフレットでも片道クルーズには「ちょっと船旅」なんてキャッチフレーズが書かれていますが、ふらっと飛行機でいって帰りは船で、なんという上級な旅をしてみたいものです。

05_D3_2565
夏の北海道クルーズにご興味のある方は今週18日(土) 9:30~9:55にBS朝日『世界の船旅』で”家族で満喫!北海道 大自然クルーズ ~利尻島・留萌~”が放送されますので、是非ご覧くださいませ〜!

夜の船

01_D3_2291
こんにちは、かもめ課長です。

にっぽん丸に乗っているとだいたいは午前中に港に入港して、昼は寄港地で観光をして、夕方出港で次の港に向かうというのが最も多いスケジュールです。

02_D3_4353a
ですが時々夜に入港したり午前中に出港したりということがあり、いつもと少し違うというだけで何だか風情がある気がします。この時も夕暮れ19時過ぎ、あたりは真っ暗になってきました。

03_D3_2230a
いつもは青空を映すことの多い丸窓ですが時には月の帳も降りてきます。静かで穏やかな船内・・・ですが寝静まらずに入港です。

04_D3_3182a
夜の入港、関東ではゆっくり港湾スタッフの方に手を振られて迎えて頂いたり、沖縄では少人数の太鼓が出迎えてくれたりと決して派手ではないのですが、またそれに味がある気がします。

05_D3_3337raw
時には港で船は寝静まって朝を迎えることも。陽が昇ってくるとキャビンの電気がまたひとつ、またひとつと灯ります。普通なら寄港地観光へレッツゴー!と言いたいところですが、時にはこれから出港。

06_1DX3261
例えば北の小樽港、しずかにひたひたと港を出港することもありました。「夜の船」なんだか小説の題名みたいにも聞こえます。変わったスケジュールの航海もぜひいつか体験してみてくださいね!

ページトップへ