本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

カテゴリー : クルーズについて

来週は館山花火大会クルーズ

01_X2_0354x
こんにちは、かもめ課長です。

夏真っ盛りですね〜。お盆の連休を前に忙しい方もいれば、一週間ずらしてもう休み、なんていう方もいるようです。かもめは来週の「夏休み館山花火クルーズ」に向けて館山を下見?してきました。(遊びに行って来ただけという噂も・・・)

02_X2_0333w
まずは館山と言えば館山城公園、ということで登ってきました。館山の町にきた時に椰子の木の並木を抜けて「南国だぁ」と思ったのですが、この公園の植物もかなり南国です・・・。頂上まで登ると(と言っても10分くらいで)暑くて汗が噴き出ましたが、最高の景観に疲れも忘れてしまいました!

03blue_ocean_tateyama_sunflower
城内の裏手にはひまわり畑がちょうど見頃を向かえていました。眼下に広がる館山ブルーの海も東京から2時間弱とは思えないほど透き通ったブルーでした。

04lighthouse_tateyama
夕暮れ時に向かったのは洲崎灯台です。関東の南端にある灯台で夕陽のスポットのひとつ。館山にはもうひとつ、野島崎灯台がありますがかもめはこちらの洲崎灯台のが好みです。朝日を見るなら野島崎灯台のほうが綺麗に見られると思います。

06_X2_0241raw
段々と夕陽が落ちてきて期待していたシルエットが姿を現しました〜!富士山です。まさか館山から富士山に沈む夕陽を拝めるなんて!ちかくには数隻の船影もありました。きっとにっぽん丸から見たらもっと感動的なんだろうなぁと考え来週が待ち遠しくなります。

07_X2_0266raw
あっという間に日没を迎えると、さっきまでの暑さが嘘のように涼しくなりました。夕焼けの空を見守る灯台がそろそろ自分の時間とばかりに煌々としたライトを灯し始めました。

08_X2_0281
夕焼けもすっかり落ちきるとあたりは青い夜のとばりが下りました。視線の先にあるのは館山市街です。そう!このあたりに館山花火があがるのですよ〜!!!それそれは綺麗な光景。

09_D3_3468t_Nmaru
このときもにっぽん丸の上に大きな花火があがっていました。大きさ、音、迫力などどれをとっても最上級の花火大会。夏休み館山花火クルーズ、今から待ち遠しいですね〜!

8/1に「マツコの知らない世界」に登場します!

01_D3_0308x
こんにちは、かもめ課長です。

あれから早1年と10ヶ月です!・・・はて、あれから・・・?そうそう、前回は2015年10月27日のこと、にっぽん丸がTBS「マツコの知らない世界」に取り上げられてから早いもので22ヶ月が経ちました。

02_D3_0500x
あっという間にクルーズがテーマの第2段のお話です!この度、来る8月1日にまたにっぽん丸がTBS「マツコの知らない世界」で放送されます!(パタパタ)。今回のテーマは「日本列島クルーズ」。さらに、日本船の「ハンサム船員さん」も登場!にっぽん丸からは川野ゼネラルマネージャーが収録に参加しています!

03_D4_4154_x
さらにさらにその「ハンサム船員さん」特集では、スタッフの方がにっぽん丸に乗船取材されているところをかもめは目撃しました。どのクルーがにっぽん丸のハンサムクルーに抜擢されたのでしょうか!?男性クルーは沢山乗船しているにっぽん丸、皆様の予想と同じになるでしょうか〜!答えが気になる方は8月1日の夜20:57にTBSにチャンネルを合わせてみてください〜!

番組名:「マツコの知らない世界」
放送日:2017年8月1日(火)
放送時間:20:57~予定
※放送日時は急遽変更となる場合もございます。予めご了承ください。
番組HPはこちら→http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

熊野帰りに横浜スパークリングトワイライト☆

01_X2_9315
こんにちは、かもめ課長です。

熊野古道の花の窟お綱茶屋を後にしたかもめです。帰り際にすぐ近くの景勝地、獅子岩を見て来ました。三重県から電車で名古屋へと向かいます。その帰路にみた日没で電車の車内までとっても穏やかな色に染まっていました。同じ頃、にっぽん丸は新宮港を出航していました。

翌朝目覚めると新宮を離れたにっぽん丸が今度は横浜に戻ってきました。熊野古道・新宮クルーズ、わずか三日間ですが多くの人は横浜を見て「なんだか懐かしい」なんて思ったはず。同じ三日なのに船旅は不思議なものですね。

03_X2_9745raw
そのままかもめは横浜に滞在して赤レンガ倉庫にいきました。これでもかというくらいに大勢の人達がザワザワ。ウロウロ。そう!今日は横浜スパークリングトワイライトというお祭りがある日なのです!パタパタ。

04_yokohama_X2_9856w
ザワザワしてきたのは赤レンガ倉庫だけではありません。大桟橋ターミナルの前の湾もガヤガヤしています。そして何やらにっぽん丸のお客様方も7階でザワザワ・・・。熊野・新宮クルーズにご乗船されたお客様は下りられ、今度は次の小笠原クルーズにご乗船されるお客様方の姿です。

05_X2_9900raw
ヒュル。ドドン。油断していると夜空には大輪の花が咲きました!スパークリングトワイライトの始まり。にっぽん丸は最高の場所で花火の席をご提供です。

06_X2_9904wYokohamaSparkilingtwilight
次々と打ち上がる花火に歓声があがります。あの大きな船から花火が上がってるのかなー、とかもめの隣に見ていた人が言っていました。陸上から見ているとそんな風に見えなくもないですが、実はにっぽん丸の奧、山下公園のあたりには花火を打ち上げるための台船が停まっているのです。

07_X2_9898a
今度はにっぽん丸の上に流れ星が振りました。よく見ると星の形をした花火。そのあとに続くのはハート、蝶々、タコ?色々な仕掛けで一層会場は盛り上がってきました。

08_X2_9935x
一際大きな音を立てて夜空が昼間のように明るくなりました。フィナーレを迎え美しい夜が過ぎようとしています。まさにスパークリングトワイライトなひととき、にっぽん丸はまもなく出港時間を向かえます。

09_X2_9972
ボォォーン。次に横浜湾内に響いたのは花火の鼓動ではなく、哀愁ある汽笛の和音でした。ゆっくりと小さな波を立てながら離れるにっぽん丸はまさに豪華客船の佇まい。かもめは丘の上に行ってベイブリッジを走り抜けるにっぽん丸に最後の手を振りました。ご乗船の皆様にとって素晴らしいクルーズになりますように。いってらっしゃーい!

熊野古道・新宮クルーズ2日目:花の窟でお綱茶屋

01_X2_9341
こんにちは、かもめ課長です。

昨日横浜港を無事に出航したにっぽん丸、本日は予定通り新宮港へと入港しました。という知らせを受けたかもめは、既に皆様より先に熊野市に来ていました。そしてにっぽん丸の待つ岸壁に行かずに向かった先はこちらのお綱茶屋さんです。

02hananoiwaya_nipponmaru03
実は本日はこのお茶屋さんの2階を借りきって特設の「にっぽん丸専用お綱茶屋」をオープンさせるのです。朝から集まったにっぽん丸のメンバー達がお客様をお迎えする準備をしています。

03hananoiwaya_nipponmaru02
お綱茶屋は新しくオープンした熊野市にある道の駅です。どなたでもふらっと立ち寄ることができ、茶屋というだけあって色々な熊野の軽食や飲み物などを頂くことが出来ます。

04hananoiwaya_nipponmaru04
お茶屋さんの敷地の奧には何やら厳かな鳥居が建っています。花の小径を抜けるとそこは全く空気が変わるような気配がただよっています。

05_X2_9545
あ!にっぽん丸からの1度目のバスが到着されました。大勢のお客様がにっぽん丸お綱茶屋にお腰になってくれたようです。パタパタ。

06_X2_9514
始めにご案内したのは先程の鳥居です。中には国道からわずか一歩踏み込んだだけとは思えないほどのしっとりした森がひろがっています。

07hananoiwaya_nipponmaru05
お気づきの方もいるかもしれません。ここは花の窟神社の参道です。世界遺産としても登録されている歴とした熊野古道の一部です。

08_X2_9431
いくつも連なる鳥居は神聖な場所へ近づいていくことを感じさせます。本殿を前に、こちらの社にも手を合わせてから歩みを進めます。

09_X2_9467raw
その時、ぱあっと目の前が開けました。森の真ん中に開けた空間。見上げれば空が抜けています。別世界感が凄いところにやってきました!

10hananoiwaya_nipponmaru06
にっぽん丸ツアーにご参加いただいた方は3グループに分かれて、語り部さんの説明を聞いて過ごしたり、グループ行動とは別に自由に窟の空気を堪能したり、はたまた白い石を穴の中に投げてみたり・・・。皆様思い思いに世界遺産の時間を過ごされています。

11_X2_9706
そして道の駅花の窟お綱茶屋まで戻るとお土産屋さんを通り抜けて…向かった先は2階へあがる階段です!この階段はいつもは閉鎖されていますが、本日限りはにっぽん丸のために限定オープンです!

12_X2_9413
このお綱茶屋さんは上から見るとこんな風になっています。三角形に広がった敷地は一方を海に二方を山に囲まれた自然の豊かなお茶屋さんです。

13_X2_9682
そして階段を上がると〜、待っていたのはお馴染みにっぽん丸のイベントスタッフの布川さんと岩倉さんです。純和風の茶室に窓辺には優しい光が心地よい雰囲気、特設茶屋だというのにすっかり馴染んでいます。

14_X2_9638
ご用意しているのは目を見張るほど美味しいという、めはり寿司に古代米のお餅、それに和歌山名産のみかんジュースや冷たいお茶もご用意しています。

15_X2_9600
開店早々大忙しに走り回るスタッフ達、お客様(とかもめ)は食べるのに大忙し。高菜で巻いためはり寿司は日本最古のお寿司とも伝わるほど歴史のふかーいお寿司です。はい!めはり寿司おかわり〜。早くもそんなお声が聞こえてきました。食べきれないほど十分なご用意がありますのでどんどん召し上がってくださいませ〜!

16hananoiwaya_nipponmaru01
食後にはもう一仕事残っています。皆様1階に戻って早速ショッピングで全店舗を回っているようです。人気のおせんべいや和歌山の地酒、先程飲んだみかんジュース、お守り、それにめはり寿司!さすがに新鮮卵を買って帰った強者はいないでしょうか〜!?

17_X2_9705
(かもめ的には)大満足の花の窟滞在、特に森深い神社を参拝してたっぷり空気を吸い込んでからの茶屋が最高でした。一日限りの贅沢を。きっとまた来年!?ぜひ「にっぽん丸特設お綱茶屋でホッと一息」してみてくださいね〜!

大洗発着小笠原5日目:大洗入港

01Ooarai_Nipponmaru01
こんにちは、かもめ課長です。

小笠原から二夜明けて眼下には既に大洗の港が見えて来ました。入港予定の時間は10時と少しゆっくりです。多くの方が前日に荷造りを終えて、本日は最後の残すわずかな航海を名残惜しそうに、皆様デッキでゆっくりする姿をお見かけしました。

02_X2_6867
今回の大洗発着小笠原クルーズは皆様にとってどんなクルーズでしたでしょう。移動距離だけでも2200キロ、航海図で見てみるとどれほどの距離かがよく分かります。もし西にいけば九州までを回ってこられる距離を航海していたのです。

03_X2_6778
甲板では多くの方に見守られてデッキクルーが係留ロープを岸壁に渡します。これが繋がるととうとう着岸、1カ所ずつ丁寧に本船が結ばれていきます。

04_X2_6733a
下船のアナウンスとともに一組、また一組とおりてゆくお客様。船は少しずつ軽くなっていきます。自分の滞在している階数のアナウンスがかかるぎりぎりまで景色を眺める方々、見慣れた大洗の町並みも船から見ると違ってみえているかもしれません。

05_X2_6885
にっぽん丸は大洗でしばしの休息をとって夕方16時30分に予定通り出航しました。次のクルーズに向けて向かうは宮古港です。

06_X2_6913
隣には大洗フェリーターミナルと定期船のさんふらわあが並んでいます。お客様の中には大洗でショッピングをしてから帰ると言っていた方も・・・もしかしたらこの出港をどこかで手を振っているのかなぁ。

07_X2_6947
町並みを通り過ぎて北上していくにっぽん丸が少しずつ小さくなっていきます。大洗発着小笠原クルーズも終わってしまいました。今回は初乗船の方がとても多かったそうです。きっと初めて乗られてこれほど素晴らしい航海に恵まれたらきっとまた乗りたくなってしまいますね!っと期待をしながら・・・この度はご乗船をありがとうございました!乗組員一同、また皆様のにっぽん丸へのお帰りをお待ちしています!

大洗発着小笠原4日目:航海日

01_1DX0543
こんにちは、かもめ課長です。

小笠原滞在の翌日、本日は一日航海日です。小笠原ではクルージングに山登り、海でも泳いで、船上に戻れば出航のお見送りに感動して、何よりの西の島噴火を体験してから満天の星空を見る贅沢。素晴らしい充実ぶりの一日を経て、今日はゆっくりしよう!と決めたかもめです。

02_X2_6510
お昼頃に行われた「歌いましょう」のイベントにちらっと参加。その後に「小笠原滞在を振り返る」写真講座にも出席、あとはただただリラックスした航海を楽しんで眠りにつきました。昨日は4回もブログを書いたかもめですが本日はたった2枚の写真でおしいまいです。明日は大洗港入港、晴れるといいなぁ。

大洗発着小笠原3日目:小笠原4:西ノ島噴火

01_X2_5953raw
こんにちは、かもめ課長です。

小笠原出航の夕陽を眺めていたら隣にいたスタッフがポツリと言いました。「これ昼と夜の間かもしれません」。???。よくみると暮れた先の空は明るく、逆側はもう既に星空が見えました。こんなに広くこんなに深い。少しずつ夜が近づいています。

02_X2_5960
かもめは8階に上ってみました。より遠くまで見渡すと遠くの空が明るいまま夜は深さを増してきています。本日の日没は18:25、でも今は既に19:25。いつもなら真っ暗なはずなのに・・・6月21日・・・そうか、今日は、夏至だ!そう思うとスタッフの言っていた昼と夜の間を見ることが出来る、一年にたった一度の機会だったのかもしれないと思い震えてしまいました。

03_X2_6050a
ダイニングにむかうところで村上キャプテンからアナウンスが入りました。「本日は少し時間があるので活発に火山活動をしている西の島に立ち寄ります。皆様9時30分頃にデッキにお集まりください」。・・・まもなくして噴火をする西の島が突如にっぽん丸の前に現れました。

04_X2_6248a
ドーーン。ゴォォ。大地が生まれる音が響き亘ります。安全な距離を保っているにっぽん丸のデッキまで地球の鼓動は届きました。生きている間に見ることができる人はそう多くはない光景、その瞬間を目の当たりにして本日2度目の振るえを体験するかもめです。

05_X2_6093raw
ゴォォン。4月からずっと噴火を続ける西の島、その島の大きさは日々大きくなっています。航海士いわく今までみた中で最も大きく噴火をしていたそうです。少し遠ざかると火山の上には数え切れないほどの星が瞬いていました。

06_X2_6327raw
「スケジュールにはございませんがこれより星座教室を開催いたします」。村上キャプテンの立て続けのサプライズに船上全員が拍手をしていました。はっきりと見える天の川、頭上全体に広がる自然のプラネタリウムの始まりです。

07_X2_6358raw
ドォォン。遠くに西の島の噴火の音が響くと星座教室をしていた航海士がポインターでその場所を指しました。島が生まれる瞬間に立ち会ったことを今一度思い出して感動してしまいます。

08_X2_6411raw
見えるところ全てが美しい航海です。煌めく星々の中を進む様は、宇宙の中をただようスペースシップになったようなにっぽん丸。星座教室を終えても多くの人が帰らずに星を見上げていました。ただひたすらに幸せの小笠原航海記です。

大洗発着小笠原3日目:小笠原出航

01_X2_4566a
こんにちは、かもめ課長です。

午後は絶景の海岸線をドライブ。窓を開け放して風を感じるだけでもなんて気持ちがいいのだろう。コバルトブルーの波打ち際は陽射しを受けてキラキラと光っていました。

02_X2_5418
その後に参加した小笠原周遊クルーズツアーではにっぽん丸の近くを抜けて外洋へ。ここでも船がきる風を感じながら岸壁に戻ってきたかもめです。

03_X2_4839
あっと言う間に一日が終わろうとしていました。最終通船でにっぽん丸へと向かったかもめは早速キャビンでシャワータイム、体を揺らすと砂が少しパラパラ落ちて服についた葉っぱもぱらり。小笠原の香りを少し運んできてしまいました〜。

04_X2_4623a
リフレッシュしたかもめはデッキにでて、にっぽん丸の一番高い8階まで登りました。今日、高台からみたにっぽん丸はこんなにも綺麗な海の上に浮かんでいたのを思い出していました。海を吸い込むために深呼吸をひとつ、本当に気持ちの良い時間です。

05_X2_5512
まもなくして出航となり一日上陸を手伝ってくれた漁船達がお見送りにきてくれました。感謝の叫び声を耳にするたびに嬉しくなります。幸せの余韻を噛みしめながら大きく手を振るかもめです。

06_X2_5603
そのとき、船首でひゅっとイルカが跳ねました。スピナードルフィンの名前の通り高々を体を飛ぶように泳いでいきます。美しいシルエットがにっぽん丸の左舷右舷といったりきたり、まるで彼らもさようならの挨拶をしてくれているようです。

07_X2_5739
イルカショーが終わり静かになったデッキに訪れた時間はサンセットのひととき。あまりの美しさにもう声がでてきませんでした。

08_X2_5948raw
ザザンザザン。波打ち際に寄せるような航海の音と夕暮れ、ビロードのようなしっとりした海面、決して人工的には作ることのできない心地よさがデッキに溢れていました。

大洗発着小笠原3日目:小笠原その2

01_X2_4539a
こんにちは、かもめ課長です。

ウェザー展望台から車を走らせて東へむかったかもめです。山道を進み開けたところでにっぽん丸を見付けました。深いボニンブルーの上に白い船体が輝くように浮いていました。

02_X2_4483
小笠原の魅力と言えば沢山の生き物たち、今日も散策の中で天然記念物のオカヤドカリやウミガメ、ミナミハンドウイルカ、カツオドリ・・・

03_X2_5288
それに珍しいヒロベソカタマイマイを背負ったオカヤドカリまで会うことが出来ました!

04_X2_5143
サメ池の前で見付けたのはクサトベラの奥に潜むオオカクレイワガニ、こぶし大の大きさもある凶暴なカニです。ちょっと怖い・・・。かもめが戦ったら負けそうです。

05_X2_4828
山や沢を歩いてひとしきり汗をかいてきたかもめです。大村に戻ってランチタイム、頂いたのは島ずしです。わさびの代わりにカラシを使うのが特徴、漬けた魚は醤油を付けずにそのまま味わえます。ん〜、小笠原の味!

大洗発着小笠原3日目:小笠原入港

01_X2_4222
こんにちは、かもめ課長です。

南南東に1100kmの道程を経て小笠原は父島の島並が見えてきました。朝から陽射しがつよーい!ですがこんなに気持ちの良い体操で、一日の始まりを迎えられるなんて幸せです。

02_X2_4146
小笠原二見港への入港作業が始まりました。もはや名物とも言える客船の係留作業、漁師達はこの日ばかりは漁網を係留ロープに替えて引いています。

03_X2_4168
お客様はその作業を間近で見ながら、おぉ、と口々に驚きの声を漏らしていました。本船からも通船台を降ろして無事に上陸に向けた準備が完了しました。

04_X2_4381
ようこそ、世界遺産小笠原へ。とうとう待ちに待った上陸です!かもめは早速小笠原の全容を見ようとウェザー展望台に上っていきます、果たしてどんな一日になるやら〜!

大洗発着小笠原2日目:航海日

01_X2_3907
こんにちは、かもめ課長です。

本日は一日航海日、午前は少しイベントに顔をだしてきたかもめです。輪投げ大会に船クイズ、その後にはホールで小笠原講座など色々と今クルーズならではのイベントがありました。

02_X2_3761
実はランチを食べ終えて午後に待っているのがメインの予定、14時になるとデッキには大勢のお客様が集まってきました。船内新聞で告知している通りお目当ては鳥島周遊です!

03SoufuganNiponmaru02
速力をぐっと落としてゆーったりと鳥島周遊クルージング。航海というよりは遊覧のような雰囲気。それでも目の前にはグリーンの植物や茶褐色の山肌、大勢の方が身を乗り出すようにしてご覧になっていました。

04_X2_3854
そんな景色の楽しみ方でかもめが贅沢だなぁと思ったワンシーンはこちら。シャッフルボードの道具を使ってキャッチボールならぬキャッチボード。鳥島をちらっと見ながらゆっくりしている遊覧でスポーツを楽しむ、粋なクルーズライフです。

05SoufuganNiponmaru
鳥島をあとにしたにっぽん丸、本日もうひとつのお待ちかね孀婦岩へとやって参りました。この孀婦岩をロッククライミングした人が数名いるのだそう、こんな波飛沫の場所からハングアップするのは想像するだけで身が震えるおもいです。

06_X2_3929
孀婦岩をぐるっと一周すると裏側からバサバサっと鳥たちが飛び立ちました。彼らが運んできた種が落ちたのか孀婦岩には無数のイネ科の植物が生えています。

07Donalmas_Nipponmaru
夜にはメインショーが始まりました。スパニッシュギターデュオのドンアルマスです。ギターを叩き、弦を振るわせ、情熱的なメロディでホールを包みました。あ、ちなみにドンアルマスは左側のお二人で、右の女性はにっぽん丸MCの水野さんですよ〜!

170619 大洗発着小笠原1日目:大洗出港

01_X2_3345
こんにちは、かもめ課長です。

にっぽん丸の小笠原クルーズが始まりました!その出発地点の港にかもめはやってきています。場所は茨城県の大洗港、北関東の海の玄関口です!

02Ooarai_Nipponmaru02
出港を祝うセレモニーでは大洗町長のお言葉や記念品の贈呈など多くの出航をまつお客様に見守られながら式は進みました。

03Ooarai_Nipponmaru03
セレモニーの最後の目玉は大洗高校のマーチングバンド ブルーフォークスの演奏です。綺麗にそろった足並みは上から見ると一目瞭然。その完璧さに、メインショーかと思うくらいにお客様も盛大な拍手と盛り上がりでした。

04Ooarai_Nipponmaru01
マーチングの演奏が流れる中、本船は岸壁からゆっくり離れると大勢の方々に見送られていることに改めて感激してしまいます。いってらっしゃーい、と少し声がかすれるくらいに皆さん叫んでくださいました。

05_X2_3558
紙テープもひとつまたひとつと千切れていくといよいよ太平洋の海に船出です。あっというまに遠ざかる岸壁、次にこの港に戻るのは5日後の金曜日です。

06_X2_3649raw
にっぽん丸は1100kmの道程を南下して小笠原に行って参ります。午前中は曇り空でしたが、出航してまもなく晴れ間が覗き綺麗な夕陽をみることができました。

07Ooarai_Nipponmaru04
ディナータイムを終えてショータイムではテノールやソプラノがミックスされたオペラコンサートです。特にコウモリより一曲歌われた乾杯はクルーズ初日にぴったりの音楽でした。明日からも天気になりますように。

ぐるりロシア13〜最終日:航海〜横浜

02_X2_7592
こんにちは、かもめ課長です。

石巻を出港したのは午後15時です。もちろん外はまだまだ昼間のお天気、まるで一日が二日に感じるような得した気分の日です。

03_X2_7480
出港してからも眩しい太陽が船上には照っていました。リドテラスには磨りガラスを通して円形の光が落ちています。その下ではハウスバンドAPPの生演奏が心地よい雰囲気を作っていました。

04cruise_nipponmaru01
寄港地の疲れをテラスでリセットしたかもめは水墨画教室に行ってみました。イベントスタッフの一人、高木さんが書道学科の大学をでている経験から生まれた新しい講座です。濃い墨と薄い墨を使いながら仕上がった絵はがきはクルーズの便りにぴったりです。

05_X2_7519raw
あ、虹。かもめが廊下に出たところでお客様が指差しました。その先には縦一文字に色の付いた虹が海面へと続いていました。半円のアーチのちょうど根っこの部分です。

06Bigo_nipponmaru01
皆様ぞろぞろと4階ドルフィンホールへ向かう時間。夕方に予定されていたフェアウェルビンゴが開催されます!比較的長いクルーズとあって商品も豪華ラインナップ。ファーストビンゴから一気に商品をゲットする方々が続きます。

07_X2_7778
ビンゴの後に写真家中村風詩人さんの今航海を振り返ると題したスライドが流されフィナーレ感が高まってきました。ずらっと一列にイベントチームが並び皆様にご一緒できた感謝のご挨拶。ひとつ、またクルーズの幕が下りようとしています

08_X2_7833a
大盛り上がりの会場を後にしてデッキにでたかもめです。手すりに体重を預けてぼんやり海を眺めます。凪いだ海面はわずかな風が小さな波を作っていました。

09_X2_7914
石巻滞在とフィナーレという一大イベントを終えて、すっと肩の力が抜けてくのが分かりました。海面の上で輝く光は飛び回る蛍のようにずっと見ていても見飽きることがありません。

10_X2_7944
遠くに日本列島の東側をみながら南下していきます。列島に沈む太陽、西日が肌寒さを和らげてくれます。

11_X2_7980raw
滑るように凪の海面を走るにっぽん丸、微動だに震動もなくまるで海の上を飛んでいるような感覚になります。あまりに美しい海面、見ている間ずっと、かもめもかもめの周りの夕陽をみていた人全員が「綺麗、綺麗」と思わず何度も口にしていました。

12_X2_7992
良い2週間だったなぁと振り返りながら時間が過ぎていきます。皆様それぞれの一番の思い出は何でしょう、きっとそれぞれ一番楽しかった寄港地も違うことだと思います。

13_X2_8018t_web
それでもこのクルーズを通して楽しかったと思っていただけたらとっても幸せなことです。そのとき、海面から突然ストロベリームーンのような仄かに赤い月が顔を出しました。

14_X2_8056
明日の今頃は何をしているのでしょう、家で珈琲でも飲んでいるのかもしれません。にっぽん丸は翌朝、2週間前にくぐった横浜ベイブリッジを抜けて大桟橋ターミナルへと向かいました。

15_X2_8045
予定通り9時30分に大桟橋の岸壁に無事着岸いたしました。下船前に今回の航路図をみるとぐるりと日本を一周してきたのがよく分かります。西回りで九州、北陸、北海道、東北、そしてロシアも。次回はまた違う場所をめぐるクルーズでお会いできることを楽しみにしています。そして何よりこの度のクルーズへのご乗船をありがとうございました!

ぐるりロシア13日目:石巻

_X2_7536
こんにちは、かもめ課長です。

青森で沢山のイルカたちに出会ったにっぽん丸、そのまま東へと舵を取り岩手県の沖合を航行中です。朝六時過ぎに起きたかもめは部屋のカーテンを開け放して外を眺めました。キラキラと朝の太陽が眩しくデッキに出てみるとこれ以上ないほど爽やかな風が吹いていました。寄港地でたくさん動くために、まずはおはよう体操で体の準備運動です。

01_D4_4077a
まもなくして石巻港に着岸しました。岸壁ではテントが小さな商店街を作ってくれていて物産展さながらのイベント会場のようになっていました。

02Ishinomaki_nipponmaru04
かもめは本日にっぽん丸特別ツアー松島遊覧に参加します。バスに案内いただいて乗車、すると・・・ありました!かもめの玉子!の看板。石巻の町でかもめの玉子があるかもしれないと密かに期待していたかもめです。早速一枚写真を撮りました〜!

03Ishinomaki_nipponmaru02
松島の市街にはわずか30〜40分ほどのドライブで到着、予定よりも早く自由行動の時間が長く取れました。自由に昼食をとる今回のツアー、かもめはせっかくだからとお寿司屋さんにでかけました。ふかひれの姿握りに生の穴子など東京ではお目にかかれないネタが沢山ありました〜!

04Ishinomaki_nipponmaru03
最集合の時間に桟橋にいくと周遊クルーズの乗船が始まっていました。400名乗りのボートにわずか120名、とってもゆったりとにっぽん丸の貸し切り乗船です。

05Ishinomaki_nipponmaru02
松島や〜、松島や。風光明媚な奇岩の間をゆらゆら抜けていく周遊クルーズです。変わった形の島々を抜ける度にお客様方からはほぉ、と声が聞こえてきました!やっぱり定番はいいですね〜、しかも混雑しらずのゆったり乗船。もちろん1等席も無料のツアーになっています!

06Ishinomaki_nipponmaru01
岸壁に戻ってくると買い忘れたお土産を求めて多くのお客様で岸壁商店街が賑わいました。地元の高校生によるダンスショーも大盛り上がりです。

07_D4_4270
あ、ゆるキャラがかもめっぽいです!!特に左側のゆるキャラがかもめに似ています。かもめ課長にはそんなに似ていませんが・・・。

08Ishinomaki_nipponmaru07
そうしてあっと言う間に出港の時間がきてしまいました。岸壁から少しずつ離れると紙テープは鮮やかに風に舞いあがりました。ありがとうございました〜!大きな声で船上からは御礼のご挨拶。最後の帰港地、石巻。晴天と爽やかな朝に恵まれとっても素晴らしい滞在になったのではないかと思います、お迎えくださった石巻の皆様、本当にありがとうございました〜!

ぐるりロシア12日目:航海日

01_X2_6960
こんにちは、かもめ課長です。

石巻へと向かい船を南下させるにっぽん丸です。いまは北海道の西側沖合を航行中、朝起きるとあいにくの天気でした。それでも濡れたデッキは空を反射させて綺麗な一面もあります。

02_X2_7144
肌寒さもあり船内に入ると、楽しみにしていたマトリョーシカ絵付け教室の発表会が行われていました。そういえば発表会があるのでお越し下さい、と新聞と一緒に手紙を頂いていました。

03_X2_7120x
かもめが楽しみにしていた理由は今回この絵付け体験をさせてもらったからです。自分で絵を付けたマトリョーシカは我が子のようとは生徒さんの間でよく言われるのですが、本当気に入ってしまいました。ちらっと6種類のうちのひとつにかもめの子も登場です。

04_X2_7166
ランチを食べていたらダイニングに陽が差し込んできました。北海道から南に下ること数時間、いつのまにか隣は青森になっていました。移動するので時間とともに刻一刻と天気が変わります。

05_X2_7172
キャプテンが急旋回をさせると航跡が綺麗なアーチを描きました。どうやら右舷前方に何かをみつけたようです。

06_X2_7452
まもなくアナウンスが入るとイルカが泳いでいるとのことです。デッキの上では前方のイルカをひと目見るべく多くのお客様がお集まりになりました。

07_X2_7406t
ふわっと海面を飛ぶように突然イルカが姿を見せてくれました。透明な海では海面下に泳ぐイルカの姿までが見ることが出来ます。右へ左へとイルカが泳ぎ回るたびに本船からは大きな歓声がわき、とっても活気のあるひとときでした〜!

ぐるりロシア11日目:コルサコフ

01_D4_3766
こんにちは、かもめ課長です。

朝起きるとにっぽん丸の前にはコルサコフの港が見えていました。見慣れない赤い船やコンテナ船などと何度かすれ違うとロシアの領海だ、と実感がわいてきます。

02_X2_6787
かもめは一日ゆっくり安息日。たまにはこういう時間があるのもクルーズの醍醐味かなぁと思います。午後から晴れてきました!

03_X2_6779w
のんびりデッキを散歩していると、お城が動いてる!なんてスタッフが言っているのを耳にしました。見てみると確かに!大型の建造物が動いています。どうやら前の小さな船が一隻で曳航しているよう。後ろのお城は・・・LNGを採掘するためのプラント機械のようです。さすが極東ロシア・・・。

04_X2_6830raw
夕暮れ前には利尻島へと近づいたにっぽん丸。利尻富士にこそ雲がかかっていましたがとっても綺麗なワンシーンでした。

05_X2_6931raw
そのままデッキに残っていたかもめです。実は今夜は満月、しかも年に一度の赤色の月が昇るとききました。雲が多くなってきてしまいましたが何とか見られるといいなぁ・・・とわずか10分くらいだけ雲間から満月がぽっかり顔を出してくれました。一瞬の出来事、赤くはなかったですが月にかかる雲は仏の手のようにも見えます。ぼんやりと、でもしっかり満月を見ることができました。船上で体験した幸せな瞬間です。

ぐるりロシア10日目:航海日

01_X2_6588
こんにちは、かもめ課長です。

ウラジオストクを深夜23時に定刻出港したにっぽん丸、これから次の寄港地同じくロシアのコルサコフ港へと向かいますが多少距離があるので明日は航海日です。たった一日の滞在でしたがヨーロッパの雰囲気を満喫したかもめでした〜!夜景も綺麗!

02Carlet_nipponmaru01
翌朝起きて何だか体を動かしたくなりました・・・っと、ちょうどよいイベントを発見。第一回カーレット選手権というのがドルフィンホールで開かれているようです。カーレット・・・聞き慣れない響きですが、どうやら卓上で楽しむスポーツのようです。

03_X2_6648
開始時間前から大勢の方が集まって練習をしていました。卓上カーリングという別称をもつこのカーレット、日本で生まれて雨の日でも家庭でも気軽に楽しむのが趣旨だそうです。選手権と謳うだけあってかなりの白熱ぶりでした〜!

04torussia_nipponmaru01
体をひとしきり動かした後のランチは格別。本日はダイニングの外、船内のパブリックスペースにも持ち出せる神楽弁当でした。ピクニック気分でかもめはラウンジへ。ちょうど近くでパズルに熱中するお客様方がいらっしゃいました。パズルのパッケージを見るとレベルは「達人級」という・・・どうやらそうとうな強者が集まっているようです!

05_X2_6012
その後にお邪魔したのはマトリョーシカの絵付け教室。かもめは前回も出席し、ちゃっかりと絵付け体験をしています。最後の一個はちいさーい!手が震えながらの作業ですが何とか終えることが出来ました!のべ4時間くらいは筆を握っていたでしょうか。渾身の作品は何だか我が子のように愛おしい一体になりました。

06_X2_6750
マトリョーシカの絵付けをしながら教室についているテレビでリアルタイムの船内映像が流れていました。気になっていた岸本先生の「ロシア音楽の魅力について」という講演です。古典歌曲から民謡、歌謡、ジプシー音楽に至るまで実に様々な魅力について語っておられました。教室から聞けるなんて絵付けに熱中する生徒としてはかなり便利なサービスです!

07amber_nipponmaru01
教室で目の前の人がなにやら素敵なネックレスをしていたので聞いてみると、なんと船内で買ったそう!てっきりロシアで買ったのかなぁと思ったかもめですが意外なところで発見です。帰りにショップを覗いてみるとジュエリーコーナーでは琥珀が特集されていました〜!ロシアでお土産を買いそびれた方はこっそり見てみる価値ありです!

08_D4_3719
そんなジュエリーを身につけていきたいのは何と言ってもコンサート。本日はバラライカの夕べと題されたノスタルジックな演奏を聴くことができました。ゆったり川のせせらぎのように聞いていたら最後はなんと「剣の舞」、バラライカでこんなスピーディな演奏ができるなんて!と色々発見の多い一日でした〜!

ぐるりロシア9日目:ウラジオストク

01_D4_3629
こんにちは、かもめ課長です。

にっぽん丸は秋田から北上し、そのまま西に進むようにウラジオストクへとやってまいりました。午前7時、定刻通り無事に入港着岸いたしました。

02Uradiostok_Nipponmaru01
なにやら外が騒がしい・・・ウラジオストクでのもはや名物となってきました!入港歓迎の(やや通訳がぎこちない)ウェルカムダンスセレモニーです!

03Uradiostok_Nipponmaru02
これにはお客様も大喜びのご様子。聞き慣れないロシアの音楽と人形のような女性達がくるくるとこれまた人形のようなダンスを披露、朝一番なのに!というほどデッキでは大盛り上がりです。

04Uradiostok_Nipponmaru03
かもめはその後朝食をとってゆっくりしてからツアーバスへと向かいました。本日予約しているのは午前半日観光です。ぐるっとウラジオストク早周り、初めに訪れたのは南展望台です。隣のルースキー島もちらっと見物です。

05_D4_3497raw
その後、市内にバスを走らせること小一時間、ハイライトのひとつ黄金橋を渡っていくときににっぽん丸の停泊する湾を見渡せます。

06Uradiostok_Nipponmaru04
下車をしたのはウラジオストク中央広場。にっぽん丸からも歩いてこられる距離ですがそれでもバスがひとっ飛び。思い出しました、ウラジオストクは日本から一番近いヨーロッパ。まさに欧州の風が吹いています!

07Uradiostok_Nipponmaru05
半日観光を終えて船で昼食をいただきました。その後ふらっと歩いてお散歩にでかけるかもめです。岸壁に出店された露店もインドア派には嬉しいお土産スポット。さらに中央駅に直結して有名なローカル鉄道も見ることができます。ウラジオストクはシベリア鉄道の終着駅とあって鉄道みたさに訪れる人も後をたたないとか。

08Matoryoshika_Nipponmaru05
最後はお土産ウォッチングです。見ているだけで買わないのですが・・・。さっすが本場とあって見たこと無いようなマトリョーシカが沢山沢山。長いのや丸いの、有名人にキャラクター、それに・・・????なんだかよく分からないものまでマトリョーシカになっています。ひとしきり見たもののやっぱりかもめは何も買わずに帰ってきました〜!

ぐるりロシア8日目:航海日

01_X2_6061
こんにちは、かもめ課長です。

秋田を出港、いえ、出国してロシアのウラジオストクに向かっているにっぽん丸です。その入国に向けての説明会が開かれました。パーサーの佐藤さんが入国方法をご案内、ツアーチームはお薦めのお土産をロシアの衣装を身にまとってご紹介です。

02Matoryoshika_Nipponmaru01
ロシアが待ち遠しい〜。と思ったかもめは待ちきれず今日はロシア!を決め込んで過ごす事にしました。うずうず。一つ目はマトリョーシカの絵付け教室に出席。ロシアと言えばコレ!というくらいに有名なオモチャです。絵付けをしすぎたので合間にちょっとシャッフルボードで体も動かしてきました〜!

03_X2_6015
マトリョーシカは初めはまっさらな木のままですが、絵付けをしていくと段々と売り物みたいに華やかに・・・こちらはイベントスタッフの山野さんの作品。何でも美術の高校をでているそう。これは上手すぎです!

04_X2_6153
あれ、ここにもマトリョーシカ。普段はこんなところにないはずなのに・・・。しかも大きい!

05_X2_6195a
しかもとっても愛されています!司会の水野さんやクルーズディレクターの永井さんまで抱きついちゃって・・・このマトリョーシカは何者!?

06_X2_6176web
っと、何度かにっぽん丸にお乗りの方はご存じの方も多いこのマトリョーシカ。実はナターシャという名前もあるのです。いわばロシアクルーズのマスコット的存在!?筒の中をあけて出してみると・・・まさか!こんなに入れ子になってました〜!

07_X2_6214
そんなロシアのコスチュームのイベントスタッフと記念写真を撮ろうというイベントがこのロシアンナイトフォトロケーションです。かもめも元気よく参加してきました〜〜!スパシーバ!

08_X2_6098
ロシアな航海日のラストシーンを飾るのはメインショーの岸本力さんコンサートです。ロシアの曲一筋でやってこられた岸本さんはロシア国にも認められた実力者です。哀愁たっぷりの歌声を聞きながらゆったりとロシアに向かうにっぽん丸、明日はいよいよウラジオストク入港です!

ぐるりロシア7日目:秋田の夜

01_X2_5947
こんにちは、かもめ課長です。

ディナーを終える頃には陽が暮れて静かな夜の時間になりました。束の間の休息を終えると今夜は美川憲一ショーの始まりです!

02_D4_2890
皆様お待ちかねの美川憲一さんショータイム。ドルフィンホールは笑いと感動の活気に包まれています。ご登場の衣装は淡い色合いのお姿、ブルーのライトに照らされると夜の海のように綺麗です。

03_D4_2940
歌いながらホールの客席へとぐっと入ってきてくれました。マイクを片手に皆様と握手、こちら側だけ握手したら向こう側のお客様に怒られちゃうわね、とホールをぐるっと一周大サービスです。

04_X2_5944raw
ショータイムは早くも幕間を迎え本日の艶やかな空の色が思い出されました。海は穏やかに空の色を映しています。

05_D4_3098
10分弱の幕間を終えて再登場の美川憲一さん。衣装が前半とは打って変わってしっかりした色合いの鮮やかなお姿になっていました!サソリ座の女、十三夜、聞けば誰でも知っているヒットソングが沢山流れてきます。

06_D4_3176web
次に歌われた「生きる」という一曲では何か込み上げるものを感じた方も多いのではないでしょうか。最後には境地として辿り着かれたシャンソンをご披露、名曲中の名曲ピアフの愛の賛歌。今日の夕陽や衣装にも負けないバラ色の時間が過ぎていきます。美川憲一さん、ありがとうございました〜!

ぐるりロシア7日目:秋田

01rainy_akita
こんにちは、かもめ課長です。

朝起きたら海面がいつもより騒がしい感じでした。バチャバチャと雨が降っています。9時頃になりオプショナルツアーに皆様でられる時も足下が悪くちょっと残念です。かもめも自由行動で外出して岸壁でアイスをいただき、売り子さんの笑顔に癒やされなんとか悪天候に持ちこたえました。

02rainy_akita2
岸壁近くの道の駅セリオンにあるセリオンタワーに登って展望フロアからながめてみると・・・にっぽん丸がこの距離なのに霞んでいます!ちょっと散歩をしてからランチを食べるために船に戻ることにしました。

03_X2_5677
船内に戻って6階にいってみると・・・ん?なんかいる!

04Namahagecafe_nipponmaru01
近づいてきました。あれぇって驚かれているお客様。でも好奇心があるようでタッチ。

05_X2_5645
こっちにもいる!

06Namahagecafe_nipponmaru02
しかも増えた!あ、お菓子まで野蛮な顔描いてある。あ!でも美味しい。秋田名産のあんこ煎餅の控えめな甘さは嫌いな人はいないはず・・・

07_X2_5841
あー、実は一杯いた!

08_X2_5854
もう一体いた!あれ?でもちょっと違う。こちらもう皆様お気づきのイベント。本日は秋田に入港しているにっぽん丸。その特別記念に船内に「なまはげカフェ」をオープンしています!最後のなまはげはクルーズディレクターのながはげさんです。

09_X2_5803rawNG
2時間たっぷり笑ってお茶をしていたら何だか陽射しが・・・なんと!奇跡的に朝の雨が嘘だったように晴れ渡っています。同じ日の午前と午後、写真を見返しても信じられません!?さぁ、あと半日、何をしようかなぁ!

ぐるりロシア6日目:佐渡

01_X2_5414
こんにちは、かもめ課長です。

輪島を出港してから夜に少し雨が降りました。聞いたら佐渡は嵐のような天気で冬の気温に戻ったそうな・・・明日は大丈夫かなぁ。と不安に眠ったかもめを見事に裏切ってくれた快晴の朝です!さどー!

02Sado_Nipponmaru01
宝の島〜サドガシマ〜♪通船を迎える岸壁では佐渡の方々がたっくさん踊って待っていてくれました。こんなに歓迎される港はそう多く有りません。嬉しいなぁとさっそく佐渡が気に入ってしまうかもめです。

03_X2_5050
ん?かもめ?友達になれるかも・・と思ったら顔が赤い!?そう!佐渡と言えばトキ。この顔の赤い子はかもめではなく佐渡のトキ、その名もサドッキーです!(その後かもめは親近感がわいてキーホルダーを買いました)

04_Sado_Nipponmaru02
まずバス5台で向かった先は椎崎神社です。入港した両津港の町では伝統の薪能を鑑賞する予定。実はこちらにっぽん丸歓迎イベント!なのです!普段は来てもやっている訳ではありません。すごーくスペシャルなのですっ!(パタパタ!)

05_X2_5141raw
かもめは能を年に一度はほぼ必ず見ています。仕事でですが人間国宝の方を見ているのでとっても目が肥えているかも?そんなかもめのハードルを一気に越えてきたのはこの心地よい風が通る能舞台です。

06_Sado_Nipponmaru03
森の中で見る能はまさに能の良さが伝わる場所だと思いました。神社という神聖な場所、しかも鳥居をくぐって見るというのは何とも風情があります。能の舞台の上には演者の方々の一挙手一投足に厳かな空気感がありました。

07_X2_5072t
ひとしきり能を満喫したらパッと目の前にはにっぽん丸の姿が、良い風が吹いていたのは少し高台だったからかもしれません。

08_X2_5308
その後昼食会場に移動すると少しだけですが伝統芸能を地元の方々がご披露くださいました。神楽のような芸能から大衆芸能へ、かもめはこちらのほうが合っているかも!?また一興です。

09_X2_5335
歩いていたらJRのポスターを発見しました。これは先程にっぽん丸スペシャルイベントでみた薪能の舞台です。なんと!「大人になったらしたいこと」。そんなキャッチコピーで飾られています。

10_X2_5178
イヨォー。トン。ヒュルル。今日は大人の階段をまた上ってしまったかもめです。

11_X2_5412raw
そこからバスを走らせること小一時間、佐渡の南側までやってきました。実は佐渡は日本で2番目に大きい島、車なくしては移動も大変なのです。

12_X2_5390
走ってきた目的はたらい舟。一本のオールでどんぶらこどんぶらこ、普段は貝を取ったり海藻を採るために使われるこの舟ですが、立派な観光地でもあります。ゆーったりとまわりそうに進む体験は何とも言えないスリルと楽しさが詰まっていました。

13_X2_5485
最後に最終通船の時間に岸壁まで戻ってくるとテンダーボートに飛び乗ったかもめです。何とか間に合った〜!と後ろを振り返ると岸壁では大勢の佐渡の方々が手を振ってくれていました。綺麗な場所は綺麗な経験を、素敵な人達は素敵な思い出をくれます。見上げた空はまだ明るい太陽がキラキラしていました〜!佐渡の皆様、ありがとうございました〜!

ぐるりロシア5日目:輪島花火

01_X2_4678
こんにちは、かもめ課長です。

隠岐を出港したにっぽん丸は次の目的地、輪島港へとやってきました。かもめは意外にも輪島港に来た事がありませんでした。マリンタウンや漆塗美術館など岸壁近くにも楽しめるところがあり観光の港ということが伺えます。

02_X2_4447
輪島初心者なのでツアーに参加してめぐることにしました。申し込んだのは「日本の原風景が残る奥能登周遊」ツアーです。

03Wajima_Nipponmaru02
はじめに訪れたのはかの有名な白米千枚田です。世界農業遺産にも指定された美しい棚田できっと写真などで見たことある人も多いのではと思います。かもめも念願でした!その次に訪れたのは見附岩という海岸に突如現れた軍艦のような岩です。

04wajima_Nipponmaru1
その岩の隣にあるMOTOJISOさんで昼食のコースをいただくにっぽん丸ツアーご一行。パネルで歓迎いただきつつ窓の奥に広がる海に魅せられながら能登のワインなど合わせてみてはいかがでしょう〜!

05_X2_4559
この昼食のコースが旬の食材、地の物をふんだんに取り入れた新鮮かつ絶妙な味付けでとっても美味しかったです。スタッフ同士での会話ですが・・・「このツアー絶対大満足!」と早くも昼からあがってしまいました。

06wajima_Nipponmaru3
午後にはランチを消化するべく禄剛崎で灯台まで歩きました。片道15分の散歩道は風が通る心地よい農道を登ります。思えばこのツアーは健脚度が2でした!(1〜3段階の健脚度という単位でにっぽん丸はアクティブの目安にしているのですっ)

07_X2_4582
到着した灯台は・・・なんでも日本の中心にある灯台だそうです。言われてみると本州の中心に位置した地図がありました。灯台マニアの永井クルーズディレクターは知ってたかな〜。

08wajima_Nipponmaru4
ツアーの最後に訪ねたのは珠洲製塩所(すずせいえんじょ)です。こちらも白米千枚田に続いて世界農業遺産に指定された文化的な工場です。はるか昔から続く塩を手作業で製法をご紹介いただきました。自然の素材で丁寧に造られる塩は、しょっぱいというよりむしろ甘みがありました。

09_X2_4964
そして船に戻ったかもめです。あとは寝るばかり〜、ではありません!!思い出してください、このクルーズは「ぐるりにっぽんと輪島花火〜」というタイトル。そう!本日は輪島花火大会をデッキから間近でみるチャンスなのです!

10Wajimahanabi_Nipponmaru01
輪島花火は1万数千発のボリュームをわずか20分であげきるという珍しく短時間でぎっしり詰まった花火大会です。夜空には七色の花が咲き乱れました。ドーンと音が響き亘る度にデッキがあかるく照らされる様は何とも美しい光景です。

11_X2_4837x
輪島花火ももちろん初めてのかもめですが、繊細な形とダイナミックな色、音、大きさに沢山感動をいただきました。そして何より混雑知らずの船上座席はどこにも負けない特等席です。やーっぱりクルーズ×花火=最高の行程式は成り立ちますっ!

ぐるりロシア4日目:隠岐

01_X2_3925
こんにちは、かもめ課長です。

上五島で買うのをたのしみにしていた“かんころ餅”を夜中に食べてしまって朝起きたらちょっとお腹がもたれていたかもめです。にっぽん丸はゆっくりと隠岐の島々を抜けて入港予定の浦郷港までやって来ました。

02_Okibuyo_Nipponmaru01
予定位置でアンカーリング、錨泊完了です。入港予定時刻11時をほんの数分すぎた頃、入港歓迎セレモニーがラウンジで行われました。隠岐伝統の舞踊の御披露目です。なんだか早くもメインショー気分!?文化に触れ益々上陸が楽しみになりました〜!

03_Oki_ganpeki_Nipponmaru
岸壁ではぐるりにっぽんクルーズ限定の隠岐の郷土飯ご提供サービスが開始されていました。かもめもちゃっかりランチに頂きます。

05_X2_3429raw
腹ごしらえを終えてさっそく町から繰り出します。隠岐はユネスコ指定のジオパークとして有名で多くの外人さんが旅行で訪れる場所として最近人気です。

06_X2_3760
そのジオパークの代表景勝地といえば国賀海岸。一文字にすぱっと切り落とされたような断崖絶壁は自然の産み出す造形美です。その断崖を90分かけて山下りをしようというのがにっぽん丸のハイキングツアーです。

07_X2_3723
ハイライトの摩天崖からスタートして国賀海岸を目指すルートは花や風を感じ、さらには馬や牛との出会いもありつつ楽しみながら歩けるルートです。

08_X2_3851
ですが周りから見ると歩いているその場所は絶壁の真上。何とも怖いのですが皆様一歩一歩確実に海岸まで降りていらっしゃいました!(ちなみにかもめは迂回の車で5分で降りてきてしまいました・・・ゴメンナサイ!)

09_X2_3544a
一日たっぷり隠岐を体験したかもめですが早くも虜になってしまいました。こんなに気持ち良い風が抜ける島はそうそうありません。動物と戯れ自然に触れると何もかも軽くなって体が喜んでいるのが分かります。自然と笑みがこぼれてしまう、そんな幸せな島でした。ぜーったいまた来ますねー!!!隠岐の皆さん、ありがとうございました〜!!

ぐるりロシア3日目:上五島

01_X2_1797
こんにちは、かもめ課長です。

本日の入港はゆっくりで午前11時。その少し前からにっぽん丸は両側を陸に囲まれた瀬戸を抜けて五島列島の西側に回ります。

02_X2_1942
着岸までの道中には世界遺産登録候補にもあがっている五島の教会群が散見できました。お客様もデッキから見付けてはあったあったぁと声が聞こえてきます。

03Kamigoto_Nipponmaru01
上五島の青方港岸壁には島の園児達が歓迎に来てくれていました〜!着岸作業の傍らでもの珍しそうに作業をみている園児達、ぴったりにっぽん丸が岸壁にくっつくと何やら一列になりました。

04_X2_2167
チャララ〜宇宙人とも仲良くね〜!のようなちょっと不思議な、でもとっても可愛い音楽に合わせて園児達がダンスを見せてくれました!まるで子や孫をみるような気持ちでお客様も微笑みと拍手を送ります。みなさん、歓迎のご挨拶をありがとうね〜!!!

04Kamigoto_Nipponmaru02
かもめは一日ツアーに参加してきました。初めに訪れたのは五島うどんの割烹さんです。地獄炊きで頂く手延べうどんは芯がありながらもとろけるような味わいでした。あまーい!

05_X2_2588
その次に訪ねた場所は頭ヶ島教会(かしらがしま)です。かもめはこの教会に来るのは今回で3回目、港から一時間弱バスで走ってくる山深い森の中に佇む姿が好きで今回も楽しみにしていました。

06Kamigoto_Nipponmaru03
季節が初夏とあってか沢山の花々が教会のまわりに咲いていたのはとっても嬉しい出来事。特に紫陽花、それに一年通して見られるハイビスカスも綺麗でした。前回来た時も咲いていたなぁと懐かしくなってしまいます。

07Kamigoto_Nipponmaru04
最後は青砂ヶ浦天主堂に展望台までと一日たっぷりの観光ルートでした!この展望台の大岩の別称はトトロ岩。なんだか言われてみるとトトロの形?に角度によっては見られるのです!

08_X2_2817_Kamigoto_byebye
岸壁でちょっとした買い物をしてまもなく出港の汽笛が響きます。地元のブラスバンドの名曲演奏とともに少しずつ岸壁から離れるにっぽん丸。紙テープがちぎれるとあっと言う間に遠ざかっていきます。

09_X2_2886
「また来ます!」そう呟いた約束を守るのも今回で3回目。きっと次回もあるといいなと願って上五島をあとにしたにっぽん丸とかもめです。昼間の薄曇りがスーッと晴れて夕暮れの色に空が染まっていました。

10_X2_2289
夜空を見ながら岸壁で買った小さな宝物を開けてみました。ぐるりにっぽん、一つ目の記念品。地元の人の手造り木彫りのにっぽん丸です。箸も置けますよ、と言っていただきましたが大切にキャビンに飾ることにします。上五島のみなさん、大歓迎をありがとうございました〜!!

ぐるりロシア2日目:ウェルカムディナー

01_X2_1546
こんにちは、かもめ課長です。

本日はフォーマルナイトにウェルカムディナーでおもてなしです。一品目のオードブルにはズワイガニのカッペリーニと昆布〆サワラの椿油マリネに始まります。椿油マリネ・・・何とも珍しい響きですが、明日に着岸する上五島は資生堂さんなども投資する椿の名産地とあって椿油が有名なのです。

02_X2_1757_dinner
ズラッと勢揃いしたディナーコース。2回目の舌鼓は“変り唐墨茶漬け”です。抹茶のリゾットにコンソメで味付けした出し汁に山葵を少々、食感と味わいで楽しむ変わった一品が生まれました。肉料理は鹿児島県産黒毛和牛フィレ肉のグリルにフォアグラ、カリフラワー、ビーツ、クレソンなどが彩りを添えています。

03_X2_1644_dinner
美味しかった〜!!!!というのはもちろんですがかもめが何とも感動したのは魚料理で提供された“真鯛のポアレと帆立貝柱の香草焼き〜ソース・ブール・ノアゼット”。複雑な味が見事に調和して後にはバルサミコや素材の味が口に広がります。デザートは“ガトートロピカルとジャモカアーモンドアイスクリーム”。ナッツや蜂蜜、旬のフルーツで彩ったお皿は絵画のような美しさ、もちろん味も一級です!大満足なディナーについて沢山語ってしまいました〜!明日は初の寄港地五島列島の青方港に着岸予定です!

ぐるりロシア2日目:航海日

01_X2_1408
こんにちは、かもめ課長です。

朝起きてなんとなくリドテラスに向かうと太陽の光が差し込んでカーペットがキラキラしていました。早起きは三文の得、今日の一日航海日もいいことがありそうです。

02_UltraQuiz_Nipponmaru01
本日最初にかもめが出たイベントはウルトラクイズ!時々航海日に見かけるイベントですが今回は寄港地が盛りだくさんとあって深い内容ばかり、クイズを通じて気軽にこれから訪ねる場所の知識を深めるイベントです。

03_X2_1247a
それから階をふたつあがって6階のラウンジにいくと麻生やた先生の朗読がありました。活弁の粋な声で聞かせるのはいつの間にか引き込まれてしまいます。何でも今年発売のCDがあるとか!お見かけした方はぜひお手にとってみてくださーい!

04ToudaiQuiz_Nipponmaru02
ランチを挟んでまたまた変わったイベントを発見。「灯台クイズ」ふむふむ、またクイズ!とそれほどにっぽん丸はクイズばかりやっている訳では無いのですが、クルーズディレクターの永井さんが実は灯台マニアだったという。ファンには堪らないイベント!灯台ファン?あるいは永井ファン?

05_X2_1266
最後の問題は秋田にある灯台の色についての問題。さて、どんな色でしょう!?っと走ってイベントスタッフがかけつけ最後は永井さんもシャツをバッと脱ぐと・・・どうやら灯台の3択のようです!正解はBの白と黒。永井さんしっかり正解カラーをもっていったようです。お客様もこのサプライズには笑いがこぼれていました〜!

06lighthouse_passing_nipponmaru04
クイズが終わったころにちょうどにっぽん丸は灯台を右舷にみて航行しているところでした。本日は朝から晴れたり雨が降ったり曇っていたりまた晴れたりと秋に似た空模様。それでも日が傾き始めると段々とまた太陽がさしてきました。

07Wanage_nipponmaru03
海をみているとテラスから何やら拍手が聞こえてきました。輪投げ大会の真っ最中のようです。チーム対抗で賞品の今治ミニタオルをゲットしようと戦っています。・・・って一番楽しんでいるのスタッフ?いえいえ彼らもチームの一員として勝敗を分かつ大切なメンバーなのです。

08_X2_1524raw
そしてデッキに戻ると夕陽が雲間から覗いていました。雲は厚いものの上は晴れていたり、なんだか最後まで変わったお天気。それでも夕陽を少しでも見られたのは幸せなクルーズの一日ですね!どうやら朝の良い一日の予感があたったようです。

ぐるりロシア1日目:横浜出港

01_X2_0740
こんにちは、かもめ課長です。

本日から「ぐるりにっぽん 輪島花火とロシアエンターテイメントクルーズ」が始まります!毎年楽しみにしている方が多いこのクルーズ、かもめは皆様より早めに大桟橋へ来ました。

02_X2_0741
どんと大桟橋の背中で隠れていたにっぽん丸もお出ましです!この船で2週間、日本中と海外にまで足を伸ばしてかもめも皆様とご一緒します。

03_X2_0766x
荷物をキャビンに置いたら少しだけ横浜散歩、象の鼻パークという名前のついた桟橋から赤レンガ倉庫まで続く歩道が新しくなっていました。カフェがオープンして花のオブジェができて、っと歩いていたら早くも汗をかいてしまうほどの夏日です!

04_X2_0865x
こんなクルーズ日和!とあってか平日にもかかわらず大桟橋には大勢の方がお見送りにきてくださいました。紙テープをすーっと桟橋に伸ばしてにっぽん丸のデッキ手すりと桟橋が結ばれる様はまさに出港のワンシーンです。

05smile_yokohama_nipponmaru
クルーやスタッフも楽しみにしていた2週間のクルーズ!エンターテイメントと名が付くだけあってイベントも豪華な顔ぶれ、盛りだくさんの航海日の様子もお知らせしていきますのでぜひご覧下さいね!

07member_nipponmaru
乗船してすぐに迎えるディナータイム、その後のイベントは「ウェルカムにっぽん丸!」というオリエンテーションでした。「初めまして」、はたまた人によっては「お久しぶりです」。そんなご挨拶と自己紹介でご一緒するスタッフをご紹介。

08_X2_1142
オリエンテーションのラストシーンはハウスバンドのAPPが飾ってくれました。少し演奏するかと思っていたらなんと45分のオンステージ。初日からたっぷりとイベントにふれることが出来ました〜!かもめからも皆様に・・・「この2週間どうぞよろしくお願いします!」

大船渡の黄色い紙テープとかもめの玉子と観光大使任命

01image1-5
こんにちは、かもめ課長です。

軍艦島クルーズから戻ってきてノホホンとしていたかもめの所にアシカ係長から一通のしらせが届きました。なんと!!!か、か、か、かもめの玉子にっぽん丸バージョン!が!販売されたとのことです!!!

02_image1-4
かもめの玉子にっぽん丸バージョンが販売されたのは今月初めに行われていた「GW日本一周クルーズ」で寄港した大船渡港でのことだそうです!かもめの玉子といえば大船渡の銘菓、製造元のさいとう製菓さんのご協力で実現したそうです!

Oofunato_taishi
かもめの玉子にっぽん丸バージョンにはNIPPON MARUロゴやかもめのイラストまであしらわれているそう。み、み、み、見たい!なんと人気すぎで大船渡寄港の際に岸壁のテントで販売したところ予定の数量を半日で完売したそうな・・・。

04_20170505_170249
やっぱり見たーい!と叫ぶかもめですが実は写真がありません(焦)。エーって大船渡の岸壁にいる獅子舞も驚いています。それでもこの企画はあしか係長などが足繁く大船渡に通ったから実現したのでかもめもわがままは言いません。

05_20170505_160920
ですが驚くのはまだまだ、かもめの玉子もいいのですが、本日のビッグニュースは別にあるのです。実はにっぽん丸が「おおふなと特別観光大使」を委嘱されたのです!このお祝いもあってかかもめの玉子にっぽん丸バージョンが実現したそうです!(パタパタ)

にっぽん丸が大船渡に入港したのは今回で19回を数えます。もちろん一年のうちにではなく時間をかけて何度も入港してきました。思い出したのが一枚の写真で昔スタッフが甲板に雪が積もった本船の写真を見せてくれたのですが(珍しい光景です!)たしかそれが大船渡寄港の時だった気がします。

こうして何度も入港できたことで今回おおふなと特別観光大使の任命を頂きました。とっても嬉しい限り、これからも何度も伺って観光大使ぶりを発揮したいものです。そうそう今回は写真がずっと黄色いと思われた方!

08_20170505_170803
とても良いお察しです。大船渡では出港の際に黄色いハンカチを振ってお見送りをしてくれるのが有名です。感謝と再会の思いがこもった黄色いハンカチ、にっぽん丸からもこの日限りは黄色い紙テープ一色で皆様にお答えして出港です!沢山の黄色はまるで岸壁に菜の花畑ができたよう、次の20回目の再会を楽しみにして・・・またかもめの玉子にっぽん丸バージョンが見られるといいなぁ!

軍艦島周遊クルーズ:3日目

01_D4_6033
こんにちは、かもめ課長です。

本日は早くも横浜〜熊本・軍艦島周遊クルーズの最終日です。いつもよりも空いているダイニングを見て皆様の準備が万全なことに気付きます。軍艦島周遊が始まる予定は8時45分。それまでにほとんどの人が朝食を食べ終えているのです。

02Gunkanjima_nipponmaru02
にっぽん丸は一時間たっぷりと時間をとって軍艦島のまわりを2周します。船内の至る所から見られるのはもちろん、かもめが感動したのは1周を反時計回りで、もう1周はわざわざ旋回をして時計回りで周遊しました。

03Gunkanjima_nipponmaru01
まわり方を変えることで自室のベランダやキャビンの窓、あるいはテラスのカフェテーブルでも座る位置を変えずに目の前に見られる配慮です!(おそらく・・)想像以上に近い距離だったと皆様とっても驚いているご様子でした〜!

04kumamoto_nipponmaru01
楽しい時間はあっと言う間、キャプテンから「間もなく本船は熊本港に着岸いたします」というアナウンスが入りました。すると隣にいたお客様がすかさず「着岸しないで!」と呟いたのを聞いてしまったかもめです。同じ思いですが、やっぱり本船はオンタイムで岸壁にぴったりと着いてしまいました。

05_D4_6221
熊本港に着く頃に雨が本降りになってきました。軍艦島周遊は雨に濡れずに見られたことに感謝です。岸壁では着岸作業の航海士や誘導のスタッフ、荷物運びのクルーもみな雨合羽を着てお客様の下船のお見送りをしていました。バスに乗り込むかもめも雨に凍えるよりも何だかおもてなしに心が温まりました。また会う日まで〜また乗る日まで〜!

軍艦島周遊クルーズ:2日目

01_D4_4067deckgolf
こんにちは、かもめ課長です。

おはよう体操に起きられずに朝食のビュッフェにでかけてしまいました。船内では朝カレーを基本にしているかもめは少しもたれてしまいます。なので本日はデッキゴルフにでかけてみました!

02_D4_4055
軽く体を動かすと朝のカレーが活きてくる気がします。今日もこんな快晴の海の上で朝を迎えられることに感謝しつつ。元気いっぱい過ごそうと思います!

03musubi_nipponmaru01
デッキゴルフの後にひとつ上の階にあがるとロープワークの講座がありました。皆さんちょうどモヤイ結びに苦戦されているところ。普段はそれほど人前にでることのないデッキクルーが照れ笑いを浮かべながら丁寧に教えている姿が印象的でした。

04_D4_4077
講座のあとにもうひとつ上の階にあがって操舵室見学へ。ウィングで心地よい風に吹かれて数名の方はタイタニックのポーズ、10年近く前の映画ですが船上では不滅の記念写真です!

05_D4_4427
船内に戻ると何やらドルフィンホールが騒がしい様子。ステージが七色にライトアップされるとイベントスタッフが躍り出てきて軽快なトークと共にホースレースがスタートしたようです!

06horserace_nipponmaru01
出た目の数だけ進む。ルールはそれだけかと思っていたら途中に障害物があるとゾロ目がでなければ進めなかったり、ジョッキーの心が折れたりとなかなかハプニング続きで大盛り上がりです。

07_D4_4948
ランチを挟んで午後には軍艦島講座を聴きに行きました。先程までの熱狂的なホールとは打って変わって軍艦島が活況を呈した頃から閉山までを辿る時々シリアスなぐっとくるイベントでした。

08_D4_5204x
本日最後の締めくくりはカクテルパーティ。もう定番ともなっているこちらのイベント。ご乗船の全員が楽しみされていると言っても過言ではありません。主要な乗り組み員をキャプテンがご紹介してスタートです。

09_D4_5474
カクテルを傾けながらそのまま始まったメインショー、本日は村上ゆきさんのオンステージ。ハウスメーカーやテレビメーカーなどのCMでもお馴染みの天使の歌声、本日はご自身のオリジナルソングも披露してくださいました。透き通るような歌声は雲のない海のようにすっと体に入ってきます。今日も穏やかに穏やかに、海の上で心地よく眠りにつくことができそうです。

軍艦島周遊クルーズ:1日目

01yokohama_nipponmaru02
こんにちは、かもめ課長です。

ゴールデンウィーク日本一周クルーズを終えたにっぽん丸は、本日5月7日に横浜港に戻ってきました。午前中にお客様が降りられたのも束の間、午後には次のクルーズが始まります。

02yokohama_nipponmaru01
今回は横浜〜熊本-軍艦島周遊クルーズです。この片道のクルーズ、わずか3日間ですがかもめもご一緒することになりました〜!出港に向けて紙テープが配られると・・・エーイッ!ヨォ!4階デッキはたちまちピッチングセンターのように投手が横並びになりました。中にはイベントスタッフの姿も?!

03_D4_3711
大桟橋と本船が紙テープで繋がれました。強肩の人は遠くまで投げてはくるくるっと投げ終えた紙テープをデッキの手すりに巻き付けて・・・っと2つも3つも沢山投げているご様子。そういえば色とりどりの紙テープですが黄色が見当たりません・・・その理由は前航に乗っていた方はご存じですよね!

04yokohama_nipponmaru03
ゴールデンウィーク最終日の大桟橋には多くの方々が集まってくれていつも以上ににっぽん丸のデッキも盛り上がっていたような気がします。ベイブリッジを抜けてしまえば間もなく外洋、先程のお祭り騒ぎも嘘のように静かになりそうです。・・・Byebye Yokohama!

05_D4_3901
夕方の出港で楽しみなのはもちろんディナー!ですが、その前にひとつ大きなイベントが待っています。夕暮れ時に浦賀水道を抜けたにっぽん丸、その右舷側には幻想的なほど赤く染まった海と空と船。操舵室からはキャプテンや航海士も見とれている様子です。(安全運航をしながらです!)

06_D4_3969
駿河湾に近づくと遠くに暮れなずむ富士山の稜線をみることができました。なんて綺麗なんだろう!と叫びたくなるほど。ヤッホー!ってデッキで叫んでいる人が昔いたのを思い出しましたが、思ったほど間違いではないかもしれません!?

07_D4_3990
ディナーは和食膳、飛竜頭や炊き込み御飯、苺大福など手間を惜しまない料理は相変わらずの美食です。その後にドルフィンホールに向かうとスパニッシュギターデュオのコンサートが始まりました。数時間前に見た真っ赤に染まった風景が思い出される情熱と哀愁に満ちたメロディが心地よい時間でした。

にっぽん丸が京丹後に初寄港〜!

01_X2_5932raw
こんにちは、かもめ課長です。

にっぽん丸はただいまゴールデンウィーク日本一周クルーズ真っ最中です。毎年行われているこちらのクルーズですが、今年はこちらも風光明媚な港に初寄港でした!

02kyoutango_nipponmaru01
5月1日に訪れたこちらの港、みていると舟屋のような日本建築があったり、その隣には外人さんが来るようなビーチがあったり、高台の展望台にはちょっとした登山も出来てしまいます。

03_X2_5967raw
ここは京丹後。海の京都と名高い京都府最北の場所、日本の古き良き趣と外人さんが時々見られるのにも納得の港です。この場所にかもめはにっぽん丸が入港する前日にやってきました!

04_X2_5967rawxx
にっぽん丸先見隊と京丹後市観光課チームと下見でかぶと山に登っています。展望台へは車で中腹へ、その後20分の登山道です。あっにっぽん丸!と幻想を見ている写真を一枚。明日こんな景色が見られるといいなぁ。とイメージしつつ・・・。

05_D4_1513
かぶと山からの景色は本当に素晴らしく、日本の港を色々と訪れたかもめですがこれほど「わぁ!」と声がでてしまう展望の港も少ないように感じます。なんだか少しでも多く見ておこうと月明かりのもともう一度展望台に来てしまいました。

06kyoutango_nipponmaru02
にっぽん丸が京丹後にやってきた!と町が少しざわついているのが感じます。メインストリートの久美浜商店街?には至る所ににっぽん丸歓迎の文字。通船岸壁にはゆるキャラの松葉ガニのコッペちゃんが来てくれました!その隣にはこっそりコッブちゃんも!

07_X2_6264
あ、でもにっぽん丸に向かうと・・・まさかの曇り空!?そういえば昨日の夜すこし雷も聞こえたような・・・。

08kyoutango_nipponmaru03
ぐるっと本船をまわって東西南北。やっぱりどこからどうみても曇り・・・。かぶと山の絶景は午後のツアーにも組み込まれているので晴れてほしかったのですが。涙。

09kyoutango_nipponmaru04
こうなったらやけ食いと買い物に走ります!岸壁には久美浜を代表する品々の歓迎のテントが出されていました。貝殻兜にちりめん、さざえに〜、最後はこの時期にしか見られないというワカメのしゃぶしゃぶ。ふわっと湯通しするだけで黒っぽい色から綺麗な緑色に早変わり。旬の味を楽しめるのが船旅の魅力ですね〜!

10kyoutango_nipponmaru05
と、ゆったり岸壁観光をしていたら!なんと雲間から一筋の光が〜!みるみるうちに澄み渡ってあっと言う間に青空まで見えて来ました。まだ昼の13時。入港からわずか2時間の奇跡です。こうしてはいられません!さっそく夢見たかぶと山に向かいます。

11_X2_6870raw
居ました〜!にっぽん丸がこの絶景の中に絵画のように佇んでいます。沖合に悠然と浮かぶ姿が昨日あれほどイメージした通りの場所にしっかり見られました!

12_X2_6691raw
ちょうど少ししてやってきたのはにっぽん丸のツアーの方々。かもめの個人的な意見でうが、かぶと山に登るツアーを選んだ方々はきっと感動だったのではないかなぁと思います!大変盛り上がっていました〜!

13_X2_7055
それからは天気も回復して午前の雲はどこへやら。内海と外海、ともにおだやかに風をうけています。

14_X2_7062
特に内海は岸辺近くが湖面のようになって反射していました。ここは日本三景と名高い天橋立のわずか西に40キロ。小さな天橋立、小天橋(しょうてんきょう)という地名なのです。

15_X2_6960
かぶと山から小天橋を望む。それはちょっと日本昔話に迷い混んだような景色。2人の神様が大地にかけた橋が倒れてできた地形、なんて言われもあるそうです。これを見たらそう思うのも納得。その橋のたもとににっぽん丸が無事に入港できたこと、お客様も楽しそうにこの景色をみていてとっても嬉しくなりました〜!(パタパタ)。沢山ご案内いただいた京丹後市の方々もありがとうございました!

那覇奄美クルーズ:奄美寄港にお伺い、その2

01_D4_0675raw
こんにちは、かもめ課長です。

奄美大島でにっぽん丸をお迎えしてから南北の観光地や自然の散策をしてきたかもめです。南国は例えば島リゾートなど海ばかりが名所の場所も多いですが奄美大島は内陸の森や自然も豊かな場所でした。

02_D4_0007
まず向かったのは言わずと知れたあやまる岬です。空港からわずか10分とあって多くの方が訪れる場所になっています。

03_D4_0044raw
あやまる岬の魅力は何と言っても岩礁が俯瞰できるところです。小高い丘の上から遠浅のリーフを眺めるのはまさに南国の景色。リーフブレイクまでぐるっと見渡せます。もちろんにっぽん丸のツアーでも訪れます!

04amami_umi_nipponmaru
海からせめることにしたかもめは岬から少し南下して土盛海岸へ。奄美屈指の海水浴場としても名高い所、ツアーのお客様も昨日きていたことと思います。それにハートロックの海岸やソテツ山など海岸線に沢山の名所がありました〜!

05_D4_0881
翌日は最も楽しみにしていた金作原(きんさくばる)に向かいました。島の中央部に位置する言わば手つかずの植物たちが群生する場所、ヘゴやシダの原生林に囲まれるとまるでタイムスリップしたようです。

06amami_jungle_detail_nipponmaru
見たことあるような無いような変わった植物たちがお目見え、沢山の光をうけて輝くようにそよ風に揺れていました。こーんな深い森はなかなかお目にかかれません・・・が!にっぽん丸のツアーでもなんと行き事ができます!

07_D4_0205
うっそうとした森には沢があり小さな滝もいくつか見ることが出来ました。やはり水辺になると植生も変わってくるようで巨木に苔むした枝や見慣れないモダマのマメなど近くの屋久島や、あるいは西表島にも似る不思議な景色が広がっていました。

08_D4_1242raw
最後は西海岸から夕陽を見て奄美大島にお別れです。都会で見るよりもずっとゆっくり水平線に沈んでいった気がしました。にっぽん丸で来たお客様もきっと忘れられない滞在になったことと思います。また是非奄美大島にきてくださいね〜!

那覇奄美クルーズ:奄美にお伺い、その1

01_D4_0430
こんにちは、かもめ課長です。

飛んで沖縄クルーズの一番始まりの喜界島クルーズに乗船していたかもめです。その後飛行機で東京に戻ってしまったので沖縄めぐりが気になっていました。・・・っと、居ても絶ってもいられず最後くらい!ということで「春の那覇・奄美大島クルーズ」の奄美大島にお邪魔してきました。

02_D4_0336a
かもめはここ最近毎年奄美大島に来ていて段々とお気に入りのお店なども出来てきました。そんな様子は次に書くことにして本日はにっぽん丸の出港のお見送りシーンをご紹介。奄美でお世話になった方々が手を振ってくれているのが見えます。

03_D4_0380
かもめは飛びながら見ているの?ではなく実は対岸にある大熊展望台から見ています。遠くの景色ですが望遠鏡でみると結構はっきり見ることが出来ました!

04_D4_0448
ぐっと全体を見てみると、まさかこーんなにも遠くから見ていたのです!ちょっと驚きですか。町の方々の手をふる姿ひとりひとり見えました〜!かもめは乗船こそしていませんでしたが、寄港への御礼は人一倍です!こっそりパタパタ。

05_D4_0477
にっぽん丸が見えなくなるくらい遠ざかった頃、西の海では夕陽が海面を煌々と照らしていました。なんだか神秘的なワンシーンです。かもめは明日も奄美大島に滞在してツアーで訪れる観光地を見て来ますのでそちらのお話もお楽しみに〜!

喜界島クルーズ4日目:本部港寄港

01_D4_0015raw
こんにちは、かもめ課長です。

喜界島を出港して翌日、最後の帰港地“本部港”へと近づいてきました。港に入る少し前に環礁が綺麗な場所を通りました。この時ばかりはキャプテンもウィング(操舵室の横)から間近に迫るリーフを鑑賞していました。

02motobu_nipponmaru01
リーフを鑑賞していたら風に吹かれたからか太陽を浴びたからかとってもお腹が空いてきたのでダイニングビュッフェにいったかもめです。オムレツやヨーグルトなどいつも同じメニューを食べているのですが、個人的なおすすめは朝カレーです!ペロリといただけば先程までの疲れはどこへやらです。

04_D4_0146raw
にっぽん丸は無事に本部港へ入港いたしました。多くの方には聞き慣れない港かもしれません、本部港は最近大きな岸壁が整備された沖縄本島の北側、やんばるの西に位置するこの辺りでは最も大きな港です。

03_D4_0081
入港で見送ったバスは4台、おっといつもより台数が少ない気がします。実は次の飛んで沖縄クルーズAコースが本日の午後17時に那覇港から出港するのですが、そのAコース〜Dコースにかけて連続乗船されるお客様は下船する必要がないのです。それどころか本部港でバスに乗って15分くらいの美ら海水族館に足を伸ばして、そのまま那覇港で合流して再乗船という過ごし方も可能なのです!まるでプチオーバーランドツアー!プランも使い方次第で楽しみ方もぐっと豊富になりますね!

05_D4_0119
かもめは本部港では下船しない言わば連続乗船です。いつもよりぐっと静かな船内から出港を見守りながらゆったりとした時間を満喫します。この船上の優雅な時間もあと少し、かもめは本日の那覇で下船して飛行機で東京に戻ります。皆様にとりまして喜界島・春の沖縄クルーズはいかがでしょう。おそらく毎朝4階のデッキにでた瞬間に囲まれた南国の空気が懐かしくなるのではないでしょうか。・・・でも大丈夫です!もし本当に懐かしくて我慢できなくなったらいつでもこの船に戻ってきてください。その時もこの航海と変わらず温かいスタッフと奥深い海の世界がお待ちしています!その時までお元気で、ご機嫌よう〜!

喜界島クルーズ3日目:喜界島出港

_D4_9924t
こんにちは、かもめ課長です。

ようこそ喜びの島へ、という看板をみて気持ちが高ぶったのはわずか数時間前のこと。午後17時、にっぽん丸は喜界島を定刻出港します。

01_D4_0473
にっぽん丸乗船には岸壁に繋いだタラップを上がっていかなければなりませんが、出港間近の午後16時58分頃、岸壁に最後の乗組員が残っていました。永井クルーズディレクターです!大歓迎をしてくれた島の皆さん、喜界島に来てくれた乗客の皆さん、会場の全員に大きな声で御礼のスピーチをしました!(パタパタ)

02_D4_0501
永井さんのスピーチはきっと故郷の方々にも届いたことと思います!そのお返しにか、島のフラダンスチームが出港お見送りのダンスを披露、相当の人数が集まってくれました!

03kikaijima_nipponmaru06
スピーチ後にすぐ乗船しタラップがあがるとゆーっくり離岸していくにっぽん丸。紙テープと岸壁が少しずつ離れていきます。少し経つとメインエンジンであっと言う間に岸が遠ざかっていきます。

04kikaijima_nipponmaru01
小さな島の温かさに触れた束の間の夢時間。湾港岸壁が、「ありがとー!」と、お互い言葉を掛け合う感謝の交差点になりました。かもめや多くの人にとっても初めてだった喜界島、それは本当に素晴らしい所でした。「いつでもまた来てね」と言ってくれた言葉を思い出して、皆さんもきっといつかまた訪れることにしましょう!

喜界島クルーズ3日目:喜界島滞在

01_D4_0444
こんにちは、かもめ課長です。

喜界島は湾港(わんこう)に入港しました。ワン!というのが町名になっているのが珍しいです。本日かもめはツアーではなくフリーで滞在を満喫することにしました!

02kikaijima_nipponmaru02
オーダーしていたレンタカーが岸壁に届いていたので早速エンジンをかけてまずは南側に向かいました。有名なスギラビーチを見て、決闘花と愛称のある一輪をパシャリ。

03_D4_0076
次に向かったのは島の南端に位置する手久津久村です。ここには村のシンボルにもなっている大きなガジュマルがあると聞いて村の一番奥まで分け入ってきました。沖縄や小笠原でも数々のガジュマルを見て来たかもめですがこれほど立派なのは久しぶりです!

04_D4_0409a
その後みつけたのはミステリーサークル!?のような斜面に掘られた石場。島民に聞いてみると水道がまだ来てなかったほど昔のこと、ここまで水を汲みに来ていた公共水場だったそうです。

05_D4_0418
そのまま坂を登っていき辿り着いたのは喜界島最高峰、ポイント211と言われている展望の大地です。眺望を堪能してからさらに突き抜けるような景色がある場所に向かいます。

06_D4_0292
ドーンとストレートに伸びる道はさとうきびロードと呼ばれる喜界島を代表する景勝地です。左右に広がるさとうきび畑が心地よい風を運んでくれます。

07kikaijima_nipponmaru03
高台から段々と高度をさげて滝川の村を抜けて辿り着いたのはウフヤグチ鍾乳洞。わずか30メートルくらいの決して大きな鍾乳洞ではないですがピタッと外の空気が変わる神秘的な場所でした。かもめ喜界島で一番お気に入りの場所になりました!

08kikaijima_nipponmaru01
最後に訪れたのは阿伝という珊瑚の石垣が有名な地区です。実は石垣は個人宅のものですが、それぞれのお宅が手入れをして綺麗な花を育てていて小道を曲がるたびに小さな驚きのある地区でした。見所たっぷりだった喜界島、一日の最後に相応しい美しい場所でした!

喜界島クルーズ3日目:喜界島入港

01_D4_9586
こんにちは、かもめ課長です。

本日は喜界島入港の朝、なんだかそわそわしていたかもめはいつもより少し多めに朝ご飯をいただいてしまいました!

02kikaijima_nipponmaru07
港が近づくにつれて天気が回復してきました。岸壁がはっきり見えるころになるとすっかり空が青くなり日が差し込んできました!

03kikaijima_nipponmaru04
「よろこびの島、喜界島」。名前の通り喜びの世界と書く島です。間違っても鬼という字ではありません!着岸をじっくりキャプテンが見守りながらにっぽん丸は左舷側をぴたりと寄せ付けました。

04_D4_9609
どうやら岸壁には喜界島の特産品や食品、お土産などを扱った露店が並んでいるようです。空港のデートを抜けても露店が並ぶことはありませんが、船にのっていると時々出会う温かい光景です。

05kikaijima_nipponmaru02
岸壁に降りるとかもめは噂の永井クルーズディレクターに密着してきました!このクルーズが始まってから船内イベントでは度々、喜界島出身の永井さんが〜、だったり、クルーズディレクター喜界島に里帰り!などと言われてきました。その噂通り、いえいえ噂の何倍も温かく迎えていただきました!

06kikaijima_nipponmaru05
まもなく始まったセレモニーでも永井さ〜ん!なんて歓声が聞こえてきました。そんな中、町長様からご挨拶をいただく直前、風で贈呈の花束から花びらが舞ってしました。なんだか島の岸辺でほっこりするハプニングです。

07_D4_9822
沢山の花束と喜界島の焼酎を頂いた御礼ににっぽん丸からは特製ノットボードをお渡ししました。目の前でこれほど大喜びいただくととても嬉しいものです。

08kikaijima_nipponmaru03
そしてセレモニーの後も永井さん歓迎のムードは止みません。「永井君?わかるー、○○のお母さんよ〜」。「楽しみにしてたの〜!」。「イケメンじゃない〜!」。「立派になって〜!」。などなどたーくさんたくさんの喜びの言葉が飛び交っていました!そう、今日のにっぽん丸の喜界島寄港は、「ようこそ!」であり「おかえり!」でもあるのです!いつも以上に大歓迎ムードの喜界島を皆さん、楽しみましょう〜!

喜界島クルーズ2日目:軍艦島周遊と航海日

01_D4_9171
こんにちは、かもめ課長です。

喜界島クルーズ二日目になりました。昨日の乗船時間は午後17時だったので気付けば今朝だったという方も多いはず。多くのお客様はこんな風にお考え・・・船の上で目覚めると360度が海で陸なんてきっと見えないんだろうなぁ〜。ん?

02_gunkanjima_nipponmaru01
朝もやけの中に突如現れた他の船!それも軍艦のような武装をしているかの様子。そう!福岡港を出航して南西に向かったにっぽん丸は何かと話題の軍艦島に立ち寄りました!

03_D4_9153
軍艦と併走するかのような本船ですが、見ているお客様はとっても優雅。廃墟をみるにも優雅なのは客船ならでは?!軍艦島周遊クルーズは数社おこなっていますが、やや高台に立つマンション群を眺めるにはにっぽん丸くらいの高さがないと隅々まで見ることが出来ません。想像よりずっと近い!というお声が多数聞こえました〜!(パタパタ)

04_event
デッキからテラスに戻ると輪投げが始まっていました。1から9のマス目に輪っかを投げ入れるだけの明快なスポーツ、3個の輪っかで目指すは15点!これがなかなか越えられない壁です!一汗かいた後にはラウンジで音楽を聞きながらティータイムも良い時間でした!

05_D4_9405
夕方には皆様をお迎えするカクテルパーティが開かれました。にっぽん丸ではもはや恒例のウェルカムイベントです。キャプテンが1人ずつ代表的な乗り組み員をご紹介していくと・・・スポットライトがある人の前で止まりました!

06_D4_9445
永井晶(ながいあきら)クルーズディレクターです!実は明日に寄港する喜界島は永井さんの出身地。7500名くらいの人口の小さな島ですが、そこからにっぽん丸のクルーディレクターが生まれたと思うと驚きです。今回のクルーズは永井さんにとってはもちろん大事な仕事であり、偶然の里帰りでもあります。笑顔と緊張入り交じる表情、きっと心の中では誰より入港を愉しみにしているかもしれません!?

07_D4_9465
カクテルパーティも終盤を迎え、昨日拍手喝采で終えたハウスバンドの生演奏をもって皆様のお見送り。ちょうど春日、瑞穗とそれぞれのダイニングでお食事の用意が整ったようです。

08_D4_9513
今夜の食事はウェルカムディナーの洋食コース。満腹になって一息ついて再び向かったのはドルフィンホールです。2本のギター、チェロ、パーカッションの軽やかなメロディに酔いしれるコンサートのひとときです。

09casino_nipponmaru
アンコールも鳴り止み緞帳が降りる頃、ホール2階のカジノラウンジが賑やかになってきました。その下では社交ダンスのために模様替えをするクルーたちの姿が。フローリングの床にある一滴のゴミも見逃すまいとしゃがみ込んで磨いているところが印象的でした。これで今夜もゆったりと安心して皆様がステップを踏むことが出来そうです。あ、でも明日の喜界島を楽しむ体力は残しておいてくださいね!

喜界島クルーズ1日目:福岡博多港出港

01Fukuoka_Nipponmaru01
こんにちは、かもめ課長です。

飛んできました!九州の福岡空港へ朝一番にまっしぐら!博多の港で待つにっぽん丸のもとに朝10時に合流。本日より「春の喜界島・沖縄クルーズ」のはじまりです!と思ったのも束の間、数週間ぶりの船内でドタバタしていたらあっと言う間に出港時間、聞き慣れたボンボヤージュの音楽が聞こえてきました。

02_D4_8230
プールサイドの生演奏や岸壁からのお見送りを受けて段々と福岡の町並みが遠ざかっていきます。キャプテンや航海士もお客様とのご挨拶や出港の入念なチェックをしているご様子。・・・そのうしろに・・・海外客船が!大きい〜、ポツポツと部屋が沢山背景に見えます。

03_D4_8338
沖合に進む事わずかに10分、さきほどとは打って変わって船からの景色も船内もぐっと静かになりました。

04_D4_8331
雨上がりのテラス席、船尾につづく航跡を眺めながらのディナータイム、いいだろうなぁと浸っていたら早速夕飯の時間になりました。

05APP_D4_8567
本日のディナーは和食でした。お腹によさそうな旬の食材を使った料理にもたれることなくそのままホールに向かいました。今宵のメインショーはにっぽん丸ハウスバンドAPPのコンサートをお届けしています。

06APP_D4_8986
昭和の名曲から聞き慣れた映画音楽、話せない英語の歌詞を思わず口ずさみながら体が自然と左右に揺れてしまいます。1階席2階席、両方のお客様からの手拍子が心地よくこれぞ船の夜!と頷くほどの盛り上がり。さてさてそれでもクルーズは始まったばかり。明日はどうなることでしょう!?

小笠原スプリング6日目:晴海入港

01ogasawara_spring_nipponmaru01
こんにちは、かもめ課長です。

小笠原スプリングクルーズも最終日となりました。最後の晴海は朝9時の入港予定。皆様はいつもより少し早い朝食を食べて手荷物の確認や最後の船内時間を気に入った場所で過ごされているご様子です。

02pepperkun_nipponmaru
案内役で乗船していたペッパー君も最後の日には案内することがありません。それでも多くの方が、ペッパー君またねーと声をかけて通り過ぎていくのが何だか微笑ましい風景でした。

03ogasawara_spring_nipponmaru02
クルーズが始まった時にくぐったレインボーブリッジ。二宮キャプテンの粋な計らいで、帰港直前、橋の真下で大きな汽笛を長くならしてくれました。汽笛の音がいつも以上に綺麗な音色に聞こえるのは橋桁に音が反響しているからだそうです。

04_D4_7011
9時ちょうどにっぽん丸は晴海港に予定通り着岸しました。のべ5日間、2000キロの船旅も今日でおしまいです。2000キロ・・・想像できないほどの距離を移動しました。しかもそれが東京都内の移動だから尚更驚きです。多くの方々にとって初めてだった東洋のガラパゴス、小笠原はいかがでしたか。この航海が楽しく思い出深いものでありますようにと、かもめもこっそりお祈りしています!

小笠原スプリング4日目:小笠原を満喫!

01_D4_6004raw
こんにちは、かもめ課長です。

無事に入港したにっぽん丸、本日はお客様お待ちかねの小笠原上陸です!3月前半とは思えないほどの夏のような陽射しが果ての東洋ガラパゴスにきたことを感じさせてくれます!

02_D4_5401
あっと、お気づきの方、にっぽん丸がいつもと違う方向を向いて停まってる・・・はい、出やすいように出船方向で停めているのです。さぁ!かもめも漁船にお客様と一緒に2日と数時間ぶりの地面を踏みます!

03ogasawara_nipponmaru02
岸壁にはいつものように賑やかな露店がつくられていました。ひさしが完成した立派なターミナル、その傍らで咲くムニンデイゴの赤い色、とっても南国気分の上がる小笠原岸壁です!

04ogasawara_nipponmaru01
まずは岸壁隣の大村海岸にいくと緑色に近いブルーの浜辺が広がっています。岸壁から徒歩3分でこれほどの浜辺にたどり着けるのは小笠原くらいではないでしょうか。その後に出かけたのは小港海岸、大神山神社とかもめ父島南北縦断ツアーです!

05_D4_5646raw
小笠原の深い緑が醸す湿潤な気候、タコノキやオオハマボウの固有の空気感、なんともいえない亜熱帯に迷いこみました。数日前の東京大都会を忘れてのリフレッシュです!

06sayonara_ogasawaramaru_02
15:30になると汽笛が聞こえました。定期船おがさわら丸の出港です。かもめも見送りをするために山の上に登って通過を待ちます、さらにぐるっと山の裏手にのぼって西島を、さらに見えなくなるまで見送りました。やっぱり船が遠ざかっていく姿は素敵です。

07_D4_6247
・・・と思ったら今度はにっぽん丸が見送られる番になりました!全員の帰船を確認するといつもよりずっと長い汽笛をならして本船は小笠原の二見湾を離れます。通船運航をしてくれた漁船の方々が見送りにきてくれました。

08sunANDmoon
まあるい月とまあるい太陽。月が昇るし、陽は沈む。穏やかな童謡を思い出しながら、本日の束の間の小笠原、別世界を思い出しては感慨深い気持ちになります。

09_D4_6313
パシャ。船首で風を感じていたら小さな波音が聞こえてきました。ザトウクジラ!小さな子供の声で全員が一斉に指差す方向をみました。ちょうど尻尾があがるところ、横に揺れて沈んでいくザトウクジラの尾びれは、まるでバイバイマタキテネと言ってくれているようでした。

小笠原スプリング3日目:小笠原でクジラ探し

01_D4_3821raw
こんにちは、かもめ課長です。

朝目覚めるとあいにくの曇り空でした。しかし入港する父島がかすかに見えてくると、雲が割れて一筋の光が差し込みます。するとあっと言う間に天気は晴天、さすが南国!と同じ日本とは思えない気候に改めて遠くまで来たのを感じます。

02_D4_3827
本日は入港時間が変更となり、午前中は父島周遊クルージングに出発するにっぽん丸です。珍しく島のほうに船首を向けると、キャプテンから船内にアナウンスが入りました。

03_D4_3835
にっぽん丸の指差す先にみえる岩肌が何やら赤くなっています。よく見るとハートの形にそっくり!これが千尋岩、通称ハートロックです!

04_D4_4959
巨大なハートも迫力がありましたが、キャプテンが本当に探していたのは・・・そう!この時期小笠原で見られるザトウクジラです!早速潮吹きのブローが・・・これにて周遊クルージングはホエールウォッチングに変更です!

05_D4_4623x
息継ぎのブロー、尻尾を振って波をうつテールフリップ、勢いよく頭を海面に突き出してはたたきつけるヘッドスラップ、そしてお待ちかねの体をひねらして波にたたきつけるブリーチング!!沢山のアクションを見せてくれた元気いっぱいのクジラたちです。

06_D4_5372
ザトウクジラを見ること15頭!かもめは何度も小笠原に来ていますが一日に15頭も見たのは初めてかもしれません。段々と陽がくれてくると穏やかになった二見湾ににっぽん丸は入っていきます。

07_D4_5349
キャプテンはじめ航海士のメンバーが真剣な表情で二見湾をみつめています。なにやらお客様の様子も真剣そのもの。緊迫の理由は停船するための係留作業です。

08_Ogasawara_Keiryuu_nipponmaru
一度にっぽん丸で小笠原にきたことのある人にとってはお馴染みとなっている係留作業。初めての方にとってはまるで昔の帆船の帆貼りをみるかのような船乗りらしい男達のワンシーン。沖止まりのためのブイに船体ががっちりとくくりつけられると係留完了、明日の上陸をまって本船は安全に固定されました!

小笠原スプリング2日目_初航海日、初ザトウ!

01captain_nipponmaru01
こんにちは、かもめ課長です。

カンカン、カンカン、カンカン、カンカーン。8回の聞き慣れた鐘の音が聞こえるとホッとします。八点鐘(はってんしょう)といって時計が普及していない時代に、時間を船内に知らせるために出来たシステムだそう。にっぽん丸キャプテンの二宮さんが朝8時の訪れを告げ、航路図の確認、海況の把握と色々な安全運航を管理してにっぽん丸が少しずつ小笠原に近づいています。

02_D4_3122a
午前中にかもめが出てきた講座はふたつです。牛山クルーズコンシェルジュの初乗船の方へのにっぽん丸での過ごし方の説明と、小笠原の現地での過ごし方をアナウンスした観光案内のトークです。やっぱりこういう風なお話を聞くと段々と実感がわいてきます。

03ahoudori_nipponmaru
そして東京の晴海港から小笠原まで1000kmの間、ずーっと絶海と思われているクルーズの旅ですが、実は途中で二回も陸地?をみます。まずはアホウドリの生息地として少しばかり有名な鳥島です。

04_D4_3204
今日のアホウドリ達はサービス精神が旺盛でにっぽん丸のお客様が手に届くような距離まで近づいてきてくれました。ぷっくりまあるいお腹がなんとも可愛げです。

05_D4_3182t
貴重な種類のアホウドリもすぐそばを飛んだりとお客様の中にはアホウドリ見たさで乗船したという強者もいらっしゃいました。定期船ではこの鳥島に立ち寄ることはないので貴重な機会なのです。

06_D4_3681
そして次に見えた陸地はわずか数十メートル、高さ100m弱の孀婦岩という不思議な岩です。今航海中、お客様とお話していて、初めに鯨が見られるとしたら孀婦岩のあたりです、と言っていたのですが・・・

07_D4_3633
あー!あーーーっ!遠くで何かばたばたしていたように見えました!本船前方やや右側。あれはぜーったい白波ではありません。ということは!?

08nipponmaru_whale
ザトウクジラがにっぽん丸からおそらく20mくらいの距離で出てきてくれました!にっぽん丸の初ザトウは3/9になるかなぁと思っていたら一日はやく出会ってしまいました!!背中に尾びれにとバタバタ落ち着かない様子で、アホウドリにつづいて何ともサービス精神旺盛なザトウです!(パタパタ!)

09_D4_3288
その頃クジラを見過ぎた方々は少しずつ船内に戻ると何やらドヤッと盛り上がっている一画がテラスにありました。にっぽん丸恒例とも言える輪投げ大会です。この輪投げ大会の賞品のひとつににっぽん丸ボールペンというのがあるのですが、コレ!とってもとっても書きやすいのです。一回使うとやめられません。ぜひ本船で輪投げを楽しんでいつかゲットしてみてください〜!

小笠原スプリング1日目:晴海出港

01_D4_3000
こんにちは、かもめ課長です。

本日は乗船のために晴海港にやってきました。先週かもめが晴海にきたときは訪船といってにっぽん丸を訪ねただけのいわば日帰りでした。今回は晴れて乗船、6日間の小笠原クルーズにいってまいります。

02_D4_2964
出港まで降っていた雨は出港の汽笛が聞こえると突然晴れ間と太陽が差し込んできました。雨上がりの晴れ、スポーツデッキにでてみると薄く張った水が鏡のように晴海の町を映して綺麗な光景でした。

03rainbowbridge_nipponmaru
暮れなずむ陽射しを受けて出港、まもなくくぐったのはレインボーブリッジ!こうして真下から見る機会はないので橋をくぐるだけでも一大イベントです。そういうこの橋には電車も通ってるんですね、一般道路、高速道路、そして電車、間近で見ないと思い出さないことでした!

05Dinner_kasuga
乗船してまもなくディナータイムになりました、和食にローストビーフを追加してささやかな贅沢な時間です。いつも感動するのはその食材の豊富さです。今回も蛤、生麩、白子、あかもく、うるい・・・テーブルに並んだだけでも普段口にしない食材のオンパレード。もちろん和牛や海老などの定番食材も並んでいます。

06atarashikeishisan_mainshow
食後は新子景視さんのマジックショーです。今クルーズで2回予定されている新子さんのショーの一度目、今回は「数字」をメインに扱うマジックを沢山披露くださいました。お客様の考えている数字、色をあてていく・・・まるで心が見通されているようなドキッとするシーンも。2回目のメインショーも楽しみです!

夜の船

01_D3_2291
こんにちは、かもめ課長です。

にっぽん丸に乗っているとだいたいは午前中に港に入港して、昼は寄港地で観光をして、夕方出港で次の港に向かうというのが最も多いスケジュールです。

02_D3_4353a
ですが時々夜に入港したり午前中に出港したりということがあり、いつもと少し違うというだけで何だか風情がある気がします。この時も夕暮れ19時過ぎ、あたりは真っ暗になってきました。

03_D3_2230a
いつもは青空を映すことの多い丸窓ですが時には月の帳も降りてきます。静かで穏やかな船内・・・ですが寝静まらずに入港です。

04_D3_3182a
夜の入港、関東ではゆっくり港湾スタッフの方に手を振られて迎えて頂いたり、沖縄では少人数の太鼓が出迎えてくれたりと決して派手ではないのですが、またそれに味がある気がします。

05_D3_3337raw
時には港で船は寝静まって朝を迎えることも。陽が昇ってくるとキャビンの電気がまたひとつ、またひとつと灯ります。普通なら寄港地観光へレッツゴー!と言いたいところですが、時にはこれから出港。

06_1DX3261
例えば北の小樽港、しずかにひたひたと港を出港することもありました。「夜の船」なんだか小説の題名みたいにも聞こえます。変わったスケジュールの航海もぜひいつか体験してみてくださいね!

鞆の浦で気分は映画のワンシーン

01_D4_1842panorama
こんにちは、かもめ課長です。

宝船クルーズで立ち寄った鞆の浦港。かもめはにっぽん丸が入港する前日から町に入って待ちうけていました。予定通り翌朝に入港の知らせを聞きつけると、漁船でさっそく鯛網船で歓迎の儀を行いました。

02_D4_1806
町に戻ったかもめですが・・・こんな眺望のところ鞆の浦にあったかなぁ・・・っと、実はここは滞在していたホテルの露天風呂です。朝6時過ぎから沖合に向かったため冷えきった体を暖めるべく一休み。またこの数十分後には岸壁で通船を出迎えに向かう予定です。

03tomonoura_tsuusen01
通船岸壁にまもなく到着すると、第一便が来る前から既にワイワイと人が集まっていました。テントでは甘酒や鞆の浦の方々が作ったアクセサリー、それに広島県のお好み焼きや中華そばなどが目白押し、また集まっている人達は本日開かれるにっぽん丸の船内見学会に行くのを待っている方々もいらっしゃいました。

04_tomonoura_nipponmaru05
一通り通船のお見送りや岸壁の確認を終えたので鞆の浦散歩にでかけるかもめです。ふらっとお土産屋さんでは朝の鯛網船を思い出す鯛の品々や港に工場のある保命酒ののど飴など既に馴染みを感じる品々にも出会いました。

05_D4_0656
「こんにちは、かもめさん。」久しぶりにお会いするお客様から声をかけて頂きました。「ね、知ってる?鞆の浦って色々な映画のロケ地になっているのよ!」それは知ったからには巡らねば!パタパタ。さっそく教えていただいたのはヒュージャックマンの出演する[ウルヴァリンSAMURAI]でのロケ地です!

06_D4_1824
ウルヴァリンに登場したのは言わずとしれた大田家住宅と常夜灯です。夜にはしっかりと灯火もつく鞆の浦のシンボル的な存在。やっぱりこの場所は絵になるなぁ。しかも通船岸壁が目の前に!にっぽん丸の通船、なんと良い所に通船を発着させるのでしょう〜!(パタパタ)

07_D4_0658
次にめぐったのは重松清さんの小説を映画、ではなくドラマ化した[流星ワゴン]!2015年の3月まで放送されていました。ここに登場する主人公の永田家の故郷がどうやらこの鞆の浦だそうです・・・

08_D4_0570raw
そのドラマのワンシーンでは鞆の浦の町並みを見下ろす医王寺さんに行ってみました。町から徒歩でいってもわずか20分。石段は心地よく登りきると開放的な景色が疲れも忘れさせてくれます。あったあった、流星ワゴンにもしっかり登場していた医王寺の鐘を発見です!

09_D4_0650
最後はスタジオジブリから[崖の上のポニョ]。こちらの映画はご存じアニメです、それなのにロケ地?どうやら鞆の浦はポニョに描かれる町並みの舞台となっているそうです。何でも宮崎駿監督もポニョの制作時期に鞆の浦に長期滞在をされていたとのことでした。

10_D4_2453raw
かもめは町を見渡すために山側を抜けるグリーンラインにやってきました。以前は展望道路として有料だったそうですが、今は無料で入ることが出来ます。その途中にある橋の上からの景色は見た時、言葉を失ってしまいました!

11_tomonoura_nipponmaru09
段々と日が暮れていくと最後の通船が岸壁を離れ、いよいよ出港の時間です。午後17時過ぎ、沖合に見えていたにっぽん丸はゆっくりと動きだし徐々に小さくなっていきました。じっくり巡った鞆の浦、ここは初春の宝船に相応しい寄港地だった気がしました〜!

きてくれた鯛網船!鞆の浦の大歓迎。

01_D4_0575
こんにちは、かもめ課長です。

宝船の出港を横浜で見送ったかもめが次にやってきたのは広島県の鞆の浦(とものうら)です!そう、鞆の浦は宝船の次の寄港地!横浜で「いってらしゃーい」と手を振った翌朝に新幹線で先回りしたのです。

02_Tomonoura_Yoru_Nipponmaru
先回りをして鞆の浦寄港を実現した立役者でもある福山市役所の客船ご担当の方や鞆の浦漁業組合長など色々な方々と打ち合わせです。もちろんにっぽん丸はふらっと港に立ち寄るのではなく事前にとっても準備をしているのです。

03tomonoura_asa_nipponmaru
今回は鞆の浦名物でもある鯛を捕る“鯛網船”を出港して、にっぽん丸入港を歓迎してくれるという一大事業が行われる予定なのです。鞆の浦の穏やかな一夜が過ぎて翌朝、まだ太陽も昇るよりも前に多くの方が漁港に集まってくれました。

04tomonoura_asa_nipponmaru
かもめは小さな漁船で先に出港、海の状況を鯛網船に伝えたり現場を確認してその時を待っていました。だんだんと明るくなってきてにっぽん丸は鞆の浦の沖合に到着、今頃船内では「無事に鞆の浦に寄港いたしました」とアナウンスがかかっている頃かもしれません。

05_D4_1084raw
7時30分を少し回った頃、太陽が顔を出しました。当日の洋上の気温はほぼ氷点下。太陽の光があたるとこんなにも温かいのだと心地よい恵みを感じます。

06_D4_1198raw
きた!鯛網船がやってきた!かもめの乗っている漁船で船長がつぶやき速力をあげて鯛網船の後ろにつきました。2隻を並列させて前の1隻が曳航しています。揺らめく旗は倒れることなく天に向かってちから強くのぼっています。

07Tomonoura_nipponmaru_taiami01
「にっぽん丸のみなさーん!鞆の浦へようこそおいでくださいました〜!我々は心から歓迎いたします!」と鯛網船の船長!?さんからご挨拶をうけて船のデッキからは拍手がこちらまで聞こえて来ます。

08_D4_1340
にっぽん丸は各地の港にまわっていますが、沖に留める寄港でここまで歓迎をしてくれるのはとっても珍しいこと。何より今回は宝船クルーズ!鯛のモチーフをあしらった鯛網船は皆様にとって宝船にも見えたのではないでしょうか!?

09Tomonoura_nipponmaru_taiami01
大仕事を終えた鯛網船の方々が漁港に戻るのに合わせてかもめが乗っていた漁船も無事に着岸。全員で成功を祝うも束の間、すぐに皆さん鞆の浦港に向かうことになりました。「今度はにっぽん丸からの通船を歓迎します!」そんな言葉に感動してしまうかもめです。

10_D4_1251
鯛網船のみなさーん!と呼びかけたのはにっぽん丸を背にした鞆の浦洋上。朝早く寒いのにとっても笑顔でこちらを向いてくれました。皆さんのおかげできっとお客様も良い思い出がまたひとつできたと思います。本当にありがとうございました!

宝船クルーズを見送ってきました〜!

01Newyear_nipponmaru02
こんにちは、かもめ課長です。

新春のオペラクルーズから帰ってきたにっぽん丸を横浜港でお出迎えするかもめです。この日は冬晴れの透明感のある青空が出迎えてくれました。朝の冷たい風もなんだか心地よく感じます。

02_X2_9526raw
遠くに富士山が綺麗に見えました。横浜港に帰ってくるときはいつもデッキから景色を眺めているかもめですが、想像するときっとデッキからも綺麗に横浜の町並みと富士山が見えているのかなぁと思いました。早起きもいいものです。

03Newyear_nipponmaru01
船内に入るとまだまだお正月飾りが至るところにありました。中には七福神の姿も・・・そう!次のクルーズは「にっぽん丸で航く 初春の宝船 瀬戸内海クルーズ ~スペシャルエンターテイメント~」なのです!狂言の茂山千五郎家やソプラノ歌手の岡本知高さんのエンターテイメント、それに寄港地も魅力的なクルーズです。

04_D4_1926x
社内ではこのクルーズの通称は「宝船」。初春に嬉しい響き、とっても魅力的で乗ったら何だか幸せな一年の幕開けになる気がします。それに寄港地も初春にふさわしい初寄港があるのです!その注目の初寄港の様子は次回にお伝えしますね〜!

ページトップへ