にっぽん丸2020改装

大型旅客船災害想定救助訓練に協力しました。

ニュース2019.08.15

新着情報一覧に戻る

「にっぽん丸」は、8月7日(水)横浜港にて海上保安庁第三管区海上保安本部を中心とした、大型旅客船災害想定救助訓練に協力いたしました。

 

海上保安庁では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、大型旅客船の災害を想定した救助救急活動訓練を計画、訓練では、東京湾内を航行中の本船内において、体調不良を訴える乗客が多数発生との大型旅客船の災害を想定して行われ、海上保安庁のほか東京消防庁・横浜市消防局・神奈川県警などの協力のもと、停泊中の本船に消防庁の消防艇「おおえど」が接舷、隊員が移乗し救出・救護活動を行い、災害時さながらの訓練が行われました。

 

 

新着情報一覧に戻る