新型コロナウイルス感染症への取り組み

にっぽん丸では、安全で快適なクルーズをお楽しみいただくために、各種感染症対策を実施してまいります。

ご予約時のお申込み条件

  • すべてのお客様に、事前および乗船当日のウイルス検査(船会社指定)を2回実施します。
  • 新型コロナウイルスのワクチン接種がお済みの方も、本対応が適用となります。
ご予約条件につきまして、以下に該当するお客様は、ご家族・ご同行者・ご同室者を含め、ご乗船をお断りさせていただきます。なお、基礎疾患のある方、特に呼吸器系疾患のある方(CPAPをご利用の方を含む)は、事前にかかりつけ医にご相談の上、お申込みください。※ただし、g)はご本人様のみ乗船をお断りさせていただきます。
  • a) 乗船日前日より起算し、遡って7日以内に37.5℃以上の発熱、咳、のどの痛み、筋肉痛(運動によるものは除く)、倦怠感、息苦しい、味覚・嗅覚に異常などの症状を有した方。(新型コロナウイルスワクチン接種後の同様の症状も含みますので、乗船日の7日前までにワクチン接種をお済ませください)。
  • b) 乗船日前日より起算し、遡って7日以内に新型コロナウイルス感染症と診断された方、もしくは感染が疑わしい方と濃厚接触(*)をした方。 *手で触れることの出来る距離(目安1メートル)で、必要な感染予防策なしで15分以上の接触(交通機関等公共の場での一時的な接触は除く)。
  • c) 新型コロナウイルス感染症により入院または自宅・ホテル等で療養されていた方で、乗船日前日より起算し、7日以内に退院または療養期間を終了された方。
  • d) 船会社指定の事前ウイルス検査の結果が「陽性」もしくは「再検査」と判定された方。
  • e) 乗船当日のウイルス検査の結果が「高リスク」と判定された方。
  • f) 事前ウイルス検査および乗船当日のウイルス検査を受検されなかった方。
  • g) マスクの着用が困難な方(船内や寄港地では、マスクの着用が必須となります)。
  • h) 以下に該当する場合はお申込みいただけません。
    ・新型コロナウイルス感染症の症状が重症化しやすい呼吸器疾患用医療器具(酸素ボンベ・酸素濃縮器等)をご利用の方。
    ・妊娠中の方。
    ・2 つ以上連続するクルーズ(下船日と次航の乗船日が同一日となるもの)。
※a)~e)につきまして、クルーズ代金にかかる取消料は免除とさせていただきます。なお、交通費・宿泊費・宅配便などの諸費用はお客様のご負担となります。 ※「CPAP」をご利用の方で、心臓病、慢性呼吸器疾患などをお持ちの方は、別途、船会社指定の健康アンケートをご提出いただきます。 ※透析を受けられている方は、事前にご相談ください。 ※事前および乗船当日のウイルス検査(船会社指定)の費用は、クルーズ代金に含まれます。それぞれのウイルス検査は医師による確定診断ではございませんが、医療機関で行われているウイルス検査と同程度の精度となります。 ※今後の状況により、検査時期・検査方法の変更、または検査を取りやめる場合があります。必ずお申込み時の最新情報をご確認ください。

ご乗船のお客様へのお願い

感染症予防、検温

乗船の7日前からの健康状態の確認と検温をお願いします。また、乗船前や船内での検温にご協力をいただきます。 乗船までの日常生活や船までの移動、乗船手続きにおいても、マスク着用など感染症の予防対策をお願いします。体調がすぐれないお客様は無理をせず乗船をお控えください。

マスクの着用

・ご乗船前の集合会場や船内、寄港地では、お客様ならびに乗組員・スタッフの安全を考慮し、マスクの着用が必須となります。クルーズ参加中に必要となるマスクをあらかじめご準備ください。(感染予防効果が高いとされる不織布マスクを着用ください)。 ・2歳~6歳未満のお子様のマスク着用については、お子様の体調に十分にご注意の上でマスク着用をお願いします。 ・マスク飲食へのご理解、ご協力をお願いします。ご参考:厚生労働省ホームページ 健康や医療相談の情報(別ページへ移動します)

ソーシャルディスタンスの確保

受付場所では距離を保ち、密集にならないように、指定された時間にお越しください。受付時間は、乗船書類でお送りする「乗船当日のご案内」にてご確認ください。また、乗船後の同室者等を除き客室間の行き来はお控えください。

※事前ウイルス検査の唾液採取後から乗船当日までの期間、日常生活において公共交通機関のご利用、人ごみへの外出やご同行者以外の方との会食をお控えいただくなど、感染予防と体調管理に努め、お過ごしくださいますようお願いします。

新型コロナウイルスのワクチン接種について

船内では感染症対策を講じておりますが、ワクチン接種は感染率や重症化リスクの軽減などの効果がありますので、できる限り最新のワクチン接種を済ませることをお勧めします。

乗船後、留守宅の方に新型コロナウイルス感染症の感染が判明した場合は、にっぽん丸2階フロントデスクに速やかにご連絡いただきますようお願いします。

乗船前

事前ウイルス検査を受検いただきます。

乗船のおよそ 7~9 日前に、お客様のご自宅に事前ウイルス検査キットを、検査会社より送付します。検査キットが届き次第、同封の案内に従い検体を採取し、所定の送付先にご返送ください(送料無料)。
・事前ウイルス検査の詳細は、最終の書面にてご案内します。
・検査結果は「陽性」「陰性」「再検査」で表示されます。
・検査結果が「陽性」もしくは「再検査」と判定された方は、ご乗船いただけません。

乗船当日

健康質問票・にっぽん丸クルーズご留意事項および同意書をご提出いただきます。

検温・乗船当日のウイルス検査を実施します。

・検査の結果が、「高リスク」と判定された方は、ご乗船いただけません。 ・その他の方は商船三井客船発行の乗船券のご提出、および本人確認書類をご提示の上、乗船手続きをお済ませください。 乗船受付では、国土交通省の指導により、本人確認書類(原本)のご提示が必要となります。 ・健康質問票の問4の記載内容および検温で37.3~37.4℃の方は、船医の問診と再検温をお受けいただきます。 ・37.5℃以上の発熱があった場合、または健康質問票の記載内容、ウイルス検査の結果に応じて、ご家族・ご同行者・ご同室者を含め、乗船をお断りします(37.0~37.4℃以下の発熱の場合においても平熱と比較して1℃以上高い場合には船医の問診により乗船をお断りする場合があります)。この場合におけるクルーズ代金にかかる取消料は免除とさせていただきます。なお、交通費・宿泊費・宅配便などの諸費用はお客様のご負担となります。交通費や宿泊費につきましては、高額となる場合があります。あらかじめご了承願います。
【個人情報の取り扱いについて】
にっぽん丸ホームページのプライバシーポリシーをご確認ください。

乗船中

マスクの着用と咳エチケット

船内公共スペースでお過ごしの際、また寄港地でお出かけの際はマスクをご着用ください。お食事中など、マスクを着用できない場合に咳・くしゃみをする際は、ティッシュやハンカチ、服の袖で口と鼻を押さえる等、咳エチケットにご協力ください。

こまめな手洗い・うがい、手指の消毒などの励行

咳・くしゃみ・トイレのあと、お食事の前や自室にお戻りの際など、こまめな手洗い・うがい・手指の消毒の励行をお願いします。船内各所に消毒用アルコールを設置しています。

検温を実施

乗船証による検温の記録にご協力ください。

位置情報の収集

船内で感染者が発生した場合における濃厚接触者等を特定するため、関係機関への情報提供を目的として、QR コードを活用した位置情報を各会場で収集させていただきます。収集する情報は位置情報・日時・お客様番号・客室番号・ ベッド番号・着席場所となります。

お客様の共用スペースの消毒体制を強化

手すり、ドアノブ、パブリックトイレ、エレベーターの押しボタンなどを中心に頻繁に消毒を実施します。また、船内各所にはアルコール系消毒液を設置します。

お料理・お飲み物の提供

接岸中においては、当該港の自治体に発令されている規則を準用し、アルコールの提供などを自粛する場合があります。

船内施設・イベント内容

ドルフィンバー、ソシアルダンスタイム、カードルーム、出港時の飲料サービスを休止しています。

空気清浄機を設置

全客室に空気清浄機を設置します。また清掃時などに換気に務め、空気の入れ替えを行います。船内の空調では、送風装置に抗ウィルスフィルターと空調システム用殺菌灯を設置しています。

ソーシャルディスタンスの工夫

船内でのお食事や催し物は、内容の変更や人数を制限します。また、お客様同士、乗組員・スタッフの距離を保ち、密集とならないように、イベント、オプショナルツアーの運営方法を変更します。

寄港地での対応

  • 寄港地では(一社)日本旅行業協会などのガイドラインに沿って、オプショナルツアー(商船三井客船企画・実施)を実施します。
  • オプショナルツアーに組み込まれている訪問地、食事施設、交通機関は、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策がとられていることを確認しております。
  • オプショナルツアーに利用するバスは、出発前に車内の消毒を実施し、定員を制限して運行します。また、バス乗降口に、手指のアルコール系消毒液を設置します。
  • 上陸前および帰船時は、乗下船口で検温を実施します。乗船時、手指の消毒をお願いします(アルコール系消毒液を使用)。
  • 自由行動をご予定の方は、行動把握を目的として「寄港地自由行動予定表」をご提出いただきます。
  • 自由行動での飲食は、なるべくお控えいただき、当社オプショナルツアーをご利用ください。

乗組員・スタッフの感染症対策を強化

  • 乗組員・スタッフは、定期検査を実施します。
  • 乗船中は、1日2回の検温の実施、健康状態を確認します。
  • 飲食サービス提供時に、マスクや手袋、フェイスシールド等を着用します。

下船時の対応

  • マスク着用など感染症の予防対策をお願いします。
  • 下船時に検温を行います。37.3℃以上のお客様または体調不良の方、およびそのご家族、ご同行者、ご同室者については、診察結果が出るまで船内待機となります。
  • お客様同士の十分な距離を保つため、これまで以上に下船に時間がかかる場合があります。事前に予約の必要な交通機関で帰宅のお客様は、お時間に十分な余裕を持ってご予約ください。

船内で有症者と感染者が発生した場合

新型コロナウイルス感染症の症状が疑わしい方(有症者)が発生した場合

発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、関節・筋肉痛、下痢、味覚・嗅覚の異常など、船医が新型コロナウイルス感染症を強く疑う場合、新型コロナウイルス感染症有症者と判断します。
  • 有症者の方:別室に隔離、船内ウイルス検査を実施します。
  • 有症者と同室など濃厚接触をされた方:別室もしくは自室隔離とし、経過観察となります。
 

船内ウイルス検査の結果

 
  • 有症者の方が船内ウイルス検査で陽性(感染者)と診断された場合
  • 感染者が使用した船内施設を速やかに消毒の実施の上、業界団体の運航基準に則りクルーズの継続の判断をします。感染者の方は船内隔離の上、原則次港で下船、下船地の検疫所・保健所の指示に従っていただきます。また、業界団体のガイドラインに基づき、にっぽん丸船医は濃厚接触が疑われる方を特定の上、船内でウイルス検査を実施します。濃厚接触者の方で重症化が懸念される方につきましても下船いただきます。濃厚接触者の方で重症化リスクの低い方は、厚生労働省の通達に定められた期間において、船内隔離となります。船内の医療設備・体制では、重症化したお客様の対応ができないため、ご理解の程お願いします。
  • 有症者の方が船内ウイルス検査で陰性と判定された場合
  • 船医が総合的に判断し、新型コロナウイルス感染症を特に強く疑う所見が認められた場合は、自室待機の上、経過観察となります。

下船時のご留意事項

  • 感染者の方で、以下の(ア)~(ウ)に該当する方は、にっぽん丸クリニックから発生届を提出し、その後、保健所の指示に従っていただきます。
  • (ア)65歳以上の方。
    (イ)入院を要する方。
    (ウ)重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬の投与が必要な方又は重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な方。
  • 感染者の方で、上記の(ア)~(ウ)に該当しない方は自宅療養となり、公共交通機関を利用できないため、専用車での帰宅となります。帰宅困難な方は、下船地の自治体の健康フォローアップセンター等にお客様ご自身で登録申請し、下船地での療養先の斡旋を受けていただきます。
  • 濃厚接触(陰性)の方は、公共交通機関のご利用は避け、専用車での帰宅となります。帰宅が困難な方には、宿泊先を当社にて斡旋させていただきます。
  • 専用車費用・宿泊費・宅配便などの諸費用はお客様のご負担となり、高額となる場合があります。あらかじめご了承願います。
  • 海外クルーズにおきましては、感染者および濃厚接触者の方は、検疫の指示に従っていただきます。
  • 下船後3日間において、新型コロナウイルス感染症に感染していたことが判明した方は、お申込みの旅行会社までご連絡いただきますようお願いします。
  • ご乗船されたお客様には、下船後14日間以内において、お申込みの旅行会社よりご連絡させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。
    • マスク着用やソーシャルディスタンスへの配慮等の感染予防対策にご協力をいただけない場合、本船乗組員または当社の係員が安全確保と船内秩序の維持のために職務上の注意を行います。
    • 新型コロナウイルス感染予防のため、当面の間、クルーズ発着港および寄港地における訪船者の乗船はお断りさせていただきます。
    • 本対応は、今後の新しい知見や社会全体の感染症対策の進展等に応じて変更となる場合がありますので、必ずホームページ等で最新情報をご確認ください。
※今後の新型コロナウイルス等感染症の拡大状況や各寄港地の受入事情等により、運航スケジュールおよび船内サービス・イベントの変更または運行が中止される場合があります。