本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

世界遺産巡り2日目:新宮寄港

01_X2_0011_ohayoutaisou
こんにちは、かもめ課長です。

ウトウト、ベッドから目覚めても眠いまま・・・こんな時は!と、7階のスポーツデッキで行われているおはよう体操に行ってきました。朝の動きが鈍い体が段々と起きてきたのを実感します。

02_X2_0061
着岸の知らせを聞いて下船口へ。岸壁ではミス新宮さんがお出迎え、皆さんにっぽん丸をバックに記念写真を撮られていました。

03_Shinguu_Nipponmaru01
船内にはツアーごとにバス配車のご案内がアナウンスされます。並ぶツアーバスに少しずつお客様が集まってきました。

04KumanoKodo_Nipponmaru04
かもめが同行したのは世界遺産熊野古道を歩く〜大門坂〜那智大社ツアーです。バスを降りると・・・あれ!また皆さんと体操です!一足先に体をほぐしたかもめにとっては二度目の屈伸。これでウォーキングの準備もばっちりです。

05KumanoKodo_Nipponmaru01
歴史を感じさせる町並みを抜けた先に、大門坂の入り口がありました。やがて足下は大きな石畳へと変わり、違う世界に足を踏み入れた実感がわいてきます。

06_X2_0165
夫婦杉を抜けてしばしのウォーキング。苔むした参道が美しく深くなってきたところで有名なワンシーンが広がりました。昔テレビでよく使われていた場所です。

08KumanoKodo_Nipponmaru05
ここだったんだ〜!とお客様達も大喜び。集まって写真撮りましょ〜!と皆様カメラを取り出してパシャリ。名シーン、それに小さな秋の葉っぱや大木もとっても絵になります。

10Kumano_Nipponmaru01
そして大門坂を抜けて表参道へ、そして400余段の石段を登った先には熊野那智大社がありました。

11_X2_0274
高台に登って後ろを振り返ると自分が登ってきた石段が連なっているのが見えました。ここまで登ってたんだなぁ、と少しは自信の無かった足も今ではたくましく感じるかも!?

12KumanoKodo_Nipponmaru03
那智大社のまわりは展望台をはじめ、見頃に色づいた萩や長い年月をかけて伝わってきた建物、それに八咫烏など。沢山の見所に囲まれ充分に熊野を堪能できます。

13Kumano_Nipponmaru02
ここで終わりではありません!バスに戻って次に訪れたのは日本一の那智の滝。落差133メートルの巨大な滝を前に言葉を失ってしまいます。

14_X2_0504
近くの観瀑台から眺めるも不思議と水飛沫は飛んできません。上品な落ち方をする滝、その那智という名前の響きに何だかぴったりでした。このあたりでは、滝、というよりも、神様、として仰がれているそうです。

15Omiyage_Nipponmaru01
最後の最後に立ち寄ったのはお土産やさん。ここが一番楽しかったというご意見も??いえいえそれはあの石段を登りきったからこそ感じられる喜びですね!皆様本日はお疲れ様でした〜!

ページトップへ