本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

飛んで北海道3日目:羅臼寄港

01_X2_7930_shiretokomisaki
こんにちは、かもめ課長です。

利尻島を出港してから2つめの寄港地、羅臼にむかって航行を続けています。早朝4時50分、まだデッキは薄暗くいつもの明るいイメージとは少し雰囲気が違います。それでも何人かのお客様は防寒着に身を包んで遠くを眺めていました。目的は知床岬、北海道の北東の端は道民ではなかなかみることのない場所だと思います。とっても貴重な機会・・・だけどちょっと曇ってました〜。羅臼を出港してからは晴れるかなぁ。

02_X2_8162_rausdining_michinoeki
羅臼に無事に入港してさっそく通船で上陸へ。昔のユースホステルを改装して新しくオープンしたというギャラリーミグラードに行ってみました。羅臼一のお洒落施設?カフェも併設されています。その隣にある道の駅で海産物をみて、それからそれから行ったのは〜!?

03Rausdining_nipponmaru01
羅臼ダイニングです!かもめの一押しスポット。飛んで北海道羅臼寄港ではマストビジットの場所です。赤い絨毯のアプローチから二階にあがると幻想的な空間が広がりましたぁ〜!羅臼の食材が全て無料でご提供、しかも幻の食材まで・・・。じゅるり。

04_X2_8113
来ました!トキサケ、サメガレイ、ぶどう海老!こちらはお一人様おひとつずつですが、それでも無料とは信じられないクオリティ。さきほど道の駅でもぶどう海老が売ってましたが、ちょっと値段を言うのがはばかられるくらい・・・。こっそり(ずばっと?)いうと5尾10000円くらいで売っていました。(でもちょっとこれより大きかった?かもしれません)。空腹の方には他のメニューは食べ放題なのでご安心を。カラフトマスのザンギや松前漬け、羅臼黄金ダシ蕎麦など、知床の旬の食材が全て詰め込まれた至上の食卓が広がっていました。

05_X2_8065_nipponmaru_rausudining
こんな羅臼ダイニングを作ってくれているのが羅臼町のみなさま。と言っても羅臼町内で旅館やレストランを営む本格的な料理の方々が腕をふるってくれているのです。ダイニングのホールスタッフはにっぽん丸のイベントチーム。もはや知床の夏の風物詩、4日限りのドリームチームです。みなさん、本当に毎年ありがとうございますっ!そしてなによりお越し頂いたお客様も本当にありがとうございました〜!

ページトップへ