本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

本日2017年後期パンフレット完成です!

01catalogue02_a
こんにちは、かもめ課長です。

本日来年の5月以降の商品が掲載された後期のクルーズパンフレットの配布が始まりました!全部紹介したい!のは山々ですが、それは店頭でのパンフレットにお任せしてここではかもめが気になったクルーズをご紹介します。

02gururinippontorussia
まずは今年にかもめが乗船していた「ぐるりにっぽん 輪島花火とロシアクルーズ〜スペシャルエンターテイメント」が目に飛び込んできます!これは5/30から6/12までの2週間を使って日本をぐるっと西回りで行き、さらにウラジオストク・コルサコフといったロシアの東側を代表する都市にも立ち寄る贅沢なクルーズ。長期クルーズだからこそのイベントやゆったりした航海日など期待を裏切らない魅力が詰まった航路です!

03hachijojima
ぐるりにっぽんのクルーズが横浜発着なように、横浜や神戸などの発着は定期的にありますが、今回はそれ以外の港からの地方発着?クルーズが増えた印象です。例えば来年は広島発着 初夏の奄美大島クルーズ(5/19-22)、徳島発着 初夏の八丈島クルーズ(5/22-24)、大洗発着 小笠原クルーズ(6/19-23)、新潟発着 夏の利尻・礼文クルーズ(6/26-29)、金沢発着 利尻・奥尻クルーズ(6/30-7/4)、仙台発着 夏休み 八丈島・熱海花火クルーズ(7/21-24)、四日市発着夏休み 熊野大花火大会と高知クルーズ(8/17-19)、名古屋発着 宮島・宿毛クルーズ~秋の味覚~(9/19-22)など、数え切れないくらいに盛りだくさんです!!!これで日頃クルーズには縁遠いという方にも乗船がぐっと近づきそうです!

04hokkaido
そしてやはり昨年のクルーズオブザイヤーを獲得した飛んで北海道クルーズもチェックしておかなければなりません!A〜Dのコースが設定され、それぞれ利尻島か礼文島に訪れ、その後に知床の玄関口「羅臼港」を訪れる大自然満喫のクルーズです。飛んでクルーズは全国各地の主要空港からのフライトがパックになったプランなどもあるため地方発着の港よりも空港が近い、というお客様などには夏の終わりから初秋にかけての一番いい時期の北海道がぐっと近づくことと思います!かもめもしっかり毎年乗船んしているので今年もとっても楽しみにしています。

05katamichi_nipponmaru
最後は意外や意外、「片道」という愉しみ方のご提案です。普通は出発した港から寄港地をまわって最後は出発地に戻って来るクルーズが一般的です。しかし中にはスケジュールなどに合わせて片道のクルーズも設定されています。こちらは他のクルーズよりもお客様がすこし少ないためずっとゆったりとクルーズライフを満喫したい人にはぴったり。例えば横浜→熊本:横浜/熊本 軍艦島周遊クルーズ(5/7-9)、小樽-秋田:小樽/秋田クルーズ(9/11-12)、函館-石巻-東京:函館/石巻/東京クルーズ(9/16-18)などがあり、熊本からは自由滞在をして飛行機で帰ってきてみたり、函館まで開通したばかりの新幹線で行って帰りは船で戻ろうか、などフェリーのような使い方をすることでスマートに自分だけのクルーズトラベルを楽しむことが出来てしまうのです。何を隠そうかもめもちょこちょことこの愉しみ方を実践しています。

06ogasawara
ざーっとですがこんなに魅力的な航路目白押しのパンフレットが完成しました!おっと大事なことを書き忘れていました、よく見ると片隅に四角いマークが・・・実はこちら専用のアプリで読み取ると紹介のムービーが見られるというものなのです。ぜひデジタルも駆使した最新パンフレットを手にとって、どのにっぽん丸クルーズにご乗船するか考えてみてくださいね〜!!

ページトップへ