本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

プラチナ1日目:にっぽん丸の究極ディナー

01_D4_4517
こんにちは、かもめ課長です。

プラチナクルーズに乗船する理由は人それぞれ沢山あると思います。しかしその中でおそらく最も多くのお客様が乗船の理由にあげるのは「食」ではないでしょうか。プラチナディナーと私たちが呼ぶ、にっぽん丸の追い求めた究極があります。

02PlatinumDinner_nipponmaru01
にっぽん丸にある2つのダイニングのうち、6階の春日にお邪魔したかもめです。ちょうど田崎真也さんのトークが始まりました。本日は料理長と田崎さんが今夜のためだけにワインマリアージュを第一に考えたメニューなのです。その一品一品の味わい方、ワインで深まるハーモニーを紹介しながら食すことが出来るのです。

03_D4_4581
「これぞプラチナ」。ため息にも似た乗り慣れたお客様のつぶやきが聞こえました。オードブルには鹿児島の真鯛のカルパッチョ、スープは安納芋の雲丹添え、魚に天然カンパチのローストフォアグラ添え、肉は熊本赤牛の赤ワイン煮、そして奄美産パッションフルーツのブラマンジェをデザートにコースが終わります。この5皿全てに合わせて提供されたのは田崎真也さんのセレクション、しかも日本産のワインだけで取りそろえられました。

04_D4_4742
一方、2階瑞穗のディナーも負けていません。本日はにっぽん丸スペシャルと題したウェルカムディナーです。トリュフ、フォアグラ、和牛、伊勢エビ、秋鮭、イクラ、マンゴー・・・その食材の名前を聞いただけでも如何にこの一皿に力を入れているかが伝わると思います。

05_PlatinumDinner_nipponmaru02
和牛のサーロインローストはにっぽん丸を代表するメニューのひとつ。春日のローストビーフとしても親しまれていますが、本日は鹿児島県産和牛を使い、ホースラディッシュ、ホワイトアスパラガス、安納芋、クレソンを添えてグレービーソースで仕立てています。

06_D4_4692
もちろんディナーを堪能した後にはドルフィンホールでのショータイムが待っています。フォーマルのドレスコードのもと、ドレスの女性達がタキシードの男性にエスコートされながらホールへとやってきました。本日は幸田浩子さんのソプラノコンサート、イタリアの夕暮れを思わせるエレガントなひとときです。

07_D4_4852
コンサートの後はネプチューンバーでグラスを傾けて・・・と格好良くしめたいところですが、かもめと数名のお客様はあれほど食べたのに小腹が空いてきたので本日は普段着に着替え直して夜食に行って来ました。お目当てのプラチナ限定の手巻き寿司!夜なのに炭水化物、大丈夫、今夜限りはこれも別腹です!

ページトップへ