本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

来年寄港の本部港はどこでしょう。

01_MG_5925
こんにちは、かもめ課長です。

なんとなく後期のスケジュールを見ていたかもめです。パンフレットをめくること最後のページにあったのは、毎年恒例の飛んでクルーズ沖縄でした。通称“飛んで沖縄”は寄港地の組み合わせがコースによって少しずつ変わるので、ご乗船の回数や沖縄の好みなどによって皆さん気になるコースが分かれます。写真は沖縄の那覇港に泊まっているにっぽん丸です。
02_MG_4350
「一昨年は八重山が多かったけど、去年は宮古島もありましたね!」なんて常連の方のコメントも耳にしたことがあります。そんな中で次の飛んで沖縄の隣に見慣れない港の名前を見つけました。
03_D4_0317a
春の喜界島・沖縄クルーズで訪れる「本部港」。4月9日に寄港予定で飛んで沖縄が本格的に始まる前日です。「ホンブ港」かと思ったら「モトブ港」と読むらしいこちらの港、沖縄本島北部の緑深いやんばるの地域にある港のようです。
04_1DX0616raw
しかもこちらの本部港の本格的な開港は2018年を予定??なんと現在大型客船を迎えるクルーズターミナルを新設しようとしている港でした。日本国内で大型客船バースが新しくオープンするのはとても珍しいので気になりますね。ということでちらっと沖縄にいったついでに、かもめは本部港を見学してみることにしました!
05_D4_0126a
本島北部には「本部(モトブ)」という地名があります。名護の北西、今帰仁村の南西にあたる地域です。でもこの地名を聞いてもピンとこないかもしれません・・・もしかしたら皆様には瀬底島のたもとと言ったほうが通じるかも・・・瀬底大橋のかかる本島側です。
_D4_0120a
そして何より現在の本部港は西沖にある伊江島とを結ぶフェリーが発着することで大きく活用されています。それで「本部港伊江島航路ターミナル」とも呼ばれているそう。この珊瑚礁に囲まれた穏やかな岸壁に、にっぽん丸がどう停まるのか今から楽しみですね〜!

ページトップへ