本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

熱海花火をみてきました〜!

01yokohama_atami_nipponmaru01

こんにちは、かもめ課長です。

お伝えしていたうみ博が無事に終了しました!なんと来場者は2日間で1万2000人という大勢の方々にご覧いただきました!(パタパタ)さて、初日のイベントで大桟橋から見送られたにっぽん丸はその後どこにいったのでしょう〜!?

02atami_nipponmaru02

翌日に鳥羽港を訪れ伊勢志摩を観光してきました、その次の日には熱海に寄港しました!この日、かもめも熱海ににっぽん丸を見に行ってきました。朝日に照らされたにっぽん丸と斜面にそり立つ熱海の町並みを見ていると、何だかヨーロッパの港町に入港してきたような気持ちになりました。

03_D3_2581w

来るときにかかったのは東京から2時間と少し、実はこんな近くにリゾートがあった〜といまさらの再発見です。にっぽん丸がわたってきた海の方を見てみると穏やかに美しい青の舞台が広がっていました。

04atami_nipponmaru01

今クルーズの名前は「夏休み伊勢志摩と熱海花火クルーズ」・・・ということは、今夜は花火大会です!しかも夏休みに入って初めての週末ということもあり熱海の町は大賑わい。サンビーチには沢山のパラソル、ホテルのプールやレストランも大勢の人で賑わっていました。あっという間に時間が過ぎては陽が傾くと、まもなく楽しみにしていた花火が始まります!

05_D3_2614x

ドーーーーーン!!ズシンッ。目の前で大きな花火があがると、少し遅れて耳と胸にドンと音が響いてきました。三方を山、一方を海に囲まれた独特な地形が花火の音を反響させる圧倒的な演出効果があるのです。しかも海から打ち上げているため、海の近くからだとより臨場感を味わえます。そう!一番の特等席はにっぽん丸の上かもしれません〜!?

06_X2_8722x

熱海花火名物の空中ナイアガラの滝を始め、色とりどりの花火が空を覆い尽くしては時折真っ昼間のようにあたりが明るくなりました。約30分の間に5000発という短時間ぶりも盛大な理由のひとつです。かもめは帰りに車に乗り込むと渋滞で1時間以上動かず・・・後ろを振り向くとにっぽん丸はゆっくり沖合へと進み始めていました。花火帰りの混雑知らずなのも花火クルーズの良いところかもしれません!

うみ博の始まり!にっぽん丸イベント盛り沢山!

02_X2_7177

こんにちは、かもめ課長です。

お知らせをしていたうみ博が始まりました!初日となる本日22日は来賓の方々を囲んでのご挨拶や横浜市の海洋への取り組みなどのご紹介、それにテープカットが行われました。

01umihaku_nipponnmaru01

ご挨拶では横浜市副市長や議員の方、それに・・・マイクこそ握っていませんが、皆様へのご紹介に預かりました商船三井客船の山口社長もしっかりご挨拶のお辞儀をしていました。

03_X2_7270

うみ博の海と言っても、海洋開発で日揮さんやIHIさんが出ていたり、海洋の研究で横浜国立大学や東京海洋大学、あるいは海上風力の活用で発電に関する会社が出ていたりととても多岐にわたっています。単純に海というだけでもその広さが感じられました。そんな方々とご近所さんで、にっぽん丸は海洋レジャーというくくりで出展しました!

04umihaku_nipponnmaru02

今回は、船上でしか買うことの出来ないオリジナルグッズの販売、それにクルーズ紹介の映像を行い、さらに!ところどころの時間帯でイベントもさせていただきました!まずはお知らせしていたキャプテンと写真を撮ろう!というイベント。お一人でキャプテンを独り占め、あるいはお友達やご家族でワイワイクルーズ気分、キャプテン帽をかぶりながら皆さん大いに盛り上がってくれました〜!

05umihaku_nipponnmaru03

一緒に写真が撮れるのはにっぽん丸のキャプテンだけではありません、裏側のブースでは八景島シーパラダイスさんが出展、なんとペンギンの”船太郎くん”が来ていました!気のせいか名前までうみ博に合わせてくれたようです。さらに後ろに行ってスタッフエリアに入ると、今度は船太郎君の休憩室まで。うんうん、無理せず休んでくださいね!

06umihaku_nipponnmaru04

かもめはランチに崎陽軒のシュウマイ弁当をいただきました。やっぱり何もかも横浜、海気分の一日になること間違いなしです!ブースに戻ると多くのお客様がいらっしゃって賑わうこと数時間、あっという間に時間は17時近くなっていました。

07umihaku_nipponnmaru02

本日17時ににっぽん丸は、夏休み伊勢志摩と熱海花火クルーズに向けての出港を控えています。出港の20分前から会場にアナウンスが流れると多くの来場者の方々がデッキへぞろぞろ、埋め尽くされた大桟橋クジラの背中、さきほどまでの静かなデッキとは大違いです。

08_X2_7796

それもそのはず、17時の出港には本日最大のイベント”にっぽん丸の出港セレモニーで飛んでくる紙テープをキャッチしよう!”という催しがあったのです!

09umihaku_nipponnmaru04

肩の強そうな男性からは一直線に空を割いて紙テープが飛んできました。身軽な女性からはゆったりと風にあおられるようにして岸壁に紙テープが渡されました。ひとつ、またひとつと数えていたらいつしか数え切れないほどの色とりどりのテープで、にっぽん丸と大桟橋が結ばれていました!

10_X2_7844panorama

ナイスキャッチ〜!!!子供たちは元気いっぱい、大人たちも童心に返ったように元気よく我こそはと紙テープを追いかけてくれました。だんだんとにっぽん丸が離れると今度は紙テープがまた少しずつ数が減っていき、気付けば全部が切れて遠ざかっていきます。まるで今朝にみたテープカットのような夏休みクルーズの幕開け、これから始まる船上の4日間、今回は鳥羽港と熱海港に立ち寄るにっぽん丸です。いってらっしゃーい!

11_X2_7197

あ、乗船されなかったという方々は、にっぽん丸気分を味わう良いチャンスが・・・!うみ博は明日も大桟橋のホールで行われています。にっぽん丸ブースには引き続き洋上の国へのパスポートが置かれています、ぜひこの機会にお越し下さいね〜!!!

今年も七夕の短冊を奉納に行ってきました!

01_D3_9591

こんにちは、かもめ課長です。

先日の三連休は海の日でした、そしてあと少しで梅雨明け!夏が待ち遠しい今日この頃。かもめはカフェで現実逃避をしながら綺麗な海のことを考えたりしています。

02CIMG1018

かもめのところに、今年も七夕に飾った短冊を、クルーズディレクターの永井さんが神社に奉納に行ってきたと連絡がありました!願いはもちろんにっぽん丸の安全祈願、石川県輪島市にある重蔵神社(じゅうぞうじんじゃ)というところにご奉納です。

03_D3_4298_tanabata

今年の七夕の夜は(場所にもよると思いますが、たまたまかもめが居たところは)とっても綺麗に星が見えていました!この写真は今年の七夕の夜です。天の川も輝くように見えていてとてもよく覚えています。にっぽん丸の形をかたどった短冊、きっと今頃星まで届いていると思います!

04_D3_3346raw

あ、あと明日からはうみ博です!特に明日の22日はにっぽん丸が横浜大桟橋でお待ちしています!来場の皆様とのイベントもあるので是非お越し下さいね〜!

AERAに森田純子マネージャーが掲載されました!

01_Aera_nipponmaru

こんにちは、かもめ課長です。

そういえば、書店でみかけてご存知の方もいるかと思いますが、『AERA(アエラ6/6発行号)』ににっぽん丸の森田純子がドーンと掲載されていました。ニッポンの課長として、気配りの二代目”海の女”として、そしてダイニング春日のマネージャーとして取り上げられていました。(パタパタ)

02_aera_nakaduri20160606

「父親も船乗りでして、働くステージが海っていいなと思いました」というイイナを叶えた二代目海の女なのです。誌面では入社間もない頃船酔いに苦しんだ話などかなりプライベートな内容にも踏み込んでいます。森田純子さんのファンは必見?!・・・うーんAERA6月6日号なのですが、中吊りには残念ながらにっぽん丸の文字が見当たりません・・・

03_nipponNOkacyo

どうやら晴海港で取材があったようで後ろにはお台場が見えています。この取材はゴールデンウィーク最終日の5月8日にあったとか。ということは”ぐるりにっぽんとウラジオストク・ナホトカ”の出発日です!どこかに告知があるかなぁ、とインターネットのAERAの内容一覧を見ると・・・ここにも見当たらな・・・.

04_nipponNOkacyo2

いえ、ありました!政治家や芸能人、大会社の社長さんのお名前などと並列に並んで商船三井客船の文字が!嬉しいですね〜!あ、でもニッポンの課長特集なのにかもめ課長は候補にはならなかったみたいです。詳しい内容は是非とも誌面にて見ていただきたいのですが、一言だけ森田マネージャーの明言を引用しちゃいます。「何回でもお帰りいただいて、にっぽん丸を別荘代わりにしてほしいですね」。読みたくなった方は少しバックナンバーですが、頑張って『AERA』を探してみてくださいね〜、84-85ページに載っています!

※参考AERA|http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=18102

承諾書番号 A16_0871 AERA 2016年6月6日発行

BS朝日「オトナの社会科見学」を見ました〜!

01_OtonaKengaku_Nipponmaru03

こんにちは、かもめ課長です。

今週の火曜日にBS朝日の「オトナの社会科見学」という番組でにっぽん丸が取り上げられました。先月にかもめも乗船していた美食の船旅から京都祇園ささ木さんに密着取材のワンシーンです。

02_OtonaKengaku_Nipponmaru01

「繊細な京料理の伝統を守りながらも革新的な京料理に挑戦する」という言葉の通り、にっぽん丸の厨房で京料理の再現をしたまさに革新の試みでした。一ヶ月前の出来事ですが、あのささ木さんとささ木一門の皆さんとにっぽん丸ギャレーの激動のやりとりは今でも忘れられません!

03_X2_7456

「オトナの社会科見学」でも映されたにっぽん丸船上の京料理。中華料理のにしぶち飯店さんとの創作で酢豚がピックアップされていました!思い出してもお腹が空いてきます・・・かもめと一緒に食べていた方も「こんな美味しい酢豚は生まれて初めて」と感動していたのを思い出します。

04OtonaKengaku_Nipponmaru02

その料理を裏側で支えていたのはチームの力。ギャレーチーム一丸となってお客様全員分の料理が熱々のまま出される仕事はプロフェッショナルそのもの、繊細な料理の豪快な舞台裏、まさにオトナな社会科見学でした〜!

ページトップへ