本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

クリスマスプレゼントに最適な限定品?!

santa_nipponmaru

こんにちは、かもめ課長です。

にっぽん丸では日増しにクリスマスムードが盛り上がりを見せています。毎年お馴染みサンタクルーズ真っ盛り、そう、あと一週間でクリスマスですね!そんな船上で一際人気の商品があると聞いて見てきたかもめです。

santanipponmaru02

この時期限定の商品「にっぽん丸スノードーム」です。乗船しないと買うことが出来ません・・・期間も場所も個数も限定、乗船したら是非ショップアンカーで見つけてみてください!クリスマスプレゼントに、洋上の想い出に、お薦め商品のご案内でした〜!かもめはクリスマスイブににっぽん丸と別府花火を見に行く予定です!ワクワク。

皆様のお陰様でクルーズ・オブ・ザ・イヤー・グランプリ!

01_1DX1496

こんにちは、かもめ課長です。

ジャジャジャジャーン!本日は嬉しいお知らせがあります!にっぽん丸の「飛んでクルーズ北海道・飛んでクルーズ沖縄・飛んでクルーズ九州」が2015年の「クルーズ・オブ・ザイヤー・グランプリ」に選ばれました!(パタパタ)

02_1DX1484

実は本日12月17日、都内にて授賞式が開催され、日本外航客船協会(JOPA)より弊社取締役の嶋田和芳が記念品の盾をいただきました。今年で8回目を数えるこのクルーズ・オブ・ザイヤーは、国内のクルーズ認知度向上や魅力的な企画力、地方需要の創成など、クルーズ業界に貢献したクルーズに贈られる、いわばクルーズの1等賞、そのグランプリとあってとても光栄なのです。

03_D3_1446raw

グランプリを受賞したにっぽん丸「飛んでクルーズ(FLY&CRUISE)」にはかもめも数回にわたり乗船していました。例えば今年の飛んでクルーズ北海道に乗船する日のこと、小樽港へ向かっているとメインストリートは「祝・にっぽん丸飛んで北海道クルーズ10周年」の旗がはためき、その奧には堂々と岸壁に着くにっぽん丸を見たとき嬉しくなったのを覚えています。

04_1DX1527

ところで、選ばれた理由が気になる!そうなのです、「飛んでクルーズシリーズ」の選出理由は、北海道・沖縄・九州の3シリーズを合わせると、これまで66クルーズが催行され、全国の47都道府県から延べ2万2000人の方々が乗船され、FLY&CRUISEという新しいマーケットの開拓に大きく貢献したことが評価されたとのことです。弊社嶋田もクルーズアンバサダーの幸田浩子さんとの記念写真にとても満足そうです。

05_1DX1561

そして何より感動的なのは、この飛んで北海道クルーズは2008年に開かれた「第一回クルーズ・オブ・ザイヤー」でもグランプリを受賞しているのです。後にも先にも第一回のグランプリと同じクルーズ(同じと言っても年々改善を重ねて豪華になっているのですが・・・)がグランプリを受賞することはもう無いのではないでしょうか!?

06_1DX8198

グランプリに選ばれたのは飛んでクルーズのシリーズでしたが、船内のサービスは他のクルーズも変わらず最上のおもてなしを目指しています。日本各地に散らばる寄港地の魅力やツアーでの発見など、様々なクルーズで皆様をお待ちしています!

07_D3_3709

★こちらが小樽市で開かれた「2015小樽クルーズ・ウェルカム・フェスタ」の様子
http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sumai/minato/2015_otaru_cruise_welcome_festa.html

_D3_8323_RAUSU_nipponmaru

★こちらはかもめが乗船していた2015飛んでクルーズ北海道の記事
http://www.nipponmaru.jp/blog/?s=飛んでクルーズ北海道

08_D3_4080raw_yonaguni

★こちらはかもめが乗船していた2015飛んでクルーズ沖縄の記事
http://www.nipponmaru.jp/blog/?s=飛んでクルーズ沖縄

にっぽん丸営業部Wさんの岸壁計測

00_D3_1695raw

こんにちは、かもめ課長です。

普段かもめは、にっぽん丸営業部の方とご一緒する機会はそれほど多く有りません。ところが先月「新しい寄港地の調査があるからかもめ課長もいかがですか」と声をかけていただきました。もちろん場所は寄港地の候補とあって港町、深い山と透き通った海に恵まれた場所です。

01_D3_2713

水着を着たくなるような陽気、それでもスーツを着て淡々と書類とにらめっこをしているのはにっぽん丸営業部のWさんです。手にしているのは、今かもめ達が座っているまさにこの場所の航空写真です。

02_D3_2703raw

候補になりそうな岸壁は3カ所・・・何やらメモを終えたWさんが立ち上がりました。ひとつひとつ候補の岸壁を巡ります。最後に辿り着いたところが最も適していた模様。手前にウミガメが飼育されているのでウミガメ桟橋と(かもめが勝手に)名付けました。

03_D3_2709

ウミガメ桟橋でWさんが何やら取り出しました。釣り糸?仕事を忘れてしまったのでしょうか。・・・いえ、よく見たらメジャーです。水位か何か測っている様子ですが、邪魔をしてはいけないのでかもめは遠くから見ていることにしました。

04_D3_2755

桟橋の裏手には小高い展望台がありました。岸壁からすぐの場所に景観が奇麗な所があるのは嬉しいですね!計測した内容を本社に報告しつつ、次は打ち合わせに移ります。限られた滞在時間の中で、本船の安全や寄港地の魅力を確認しなくてはなりません。この寄港地は、そしてウミガメ桟橋は果たして候補になるのでしょうか!?本船で訪れることになったら改めてお知らせしたいと思っています。お楽しみに〜!

2016年上期予約スタートです!

01_D3_1584

こんにちは、かもめ課長です。

2016年4月〜9月(2016年度上期)のクルーズの予約が開始されました!この日を待ちわびていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。かもめはいつも予約するならどのクルーズかなとお客様視点で見ています。

02_D3_1597

特に初めて開くときは「お、珍しい寄港地だ!」とか「わ、航海日に他とは違う魅力があるぞ!」などコースや内容を見ながらボソボソ独り言を言っています。今回は1ページ目が方側に開ける、片観音開きの豪華バージョン。紙も変わって上質感のある光沢紙になったのは皆様お気づきですか!?瀬戸内海の夕陽は見ていると吸い込まれてしまいそうな奥行き感です。

03_D3_1577

「お、珍しい寄港地だ!」と思ったのは神戸発着瀬戸内海クルーズ(5/21-23)で寄港する中津港。神戸港から瀬戸内海を一直線に抜けた西側にある港、日本新三景の耶馬溪への玄関口となる大分県の港です。聞くところにっぽん丸では中津への寄港はまだ2回目、数年ぶりとなるので歓迎セレモニーも盛大なものになるかもしれません!?

04_D3_1614

「わ、航海日に他とは違う魅力があるぞ!」と目に留まったのは、にっぽん丸「美食の船旅」(6/10-14)です。船旅を彩る最も大事な要素のひとつ、船内の食事が京都の銘店「祇園ささき」さん達とコラボレーションして贅を極めた一品をご提供する企画です。かもめも以前「祇園ささき」さんの料理を頂いたのですが、船内のいつもの料理とはひと味もふた味も違います。より良いというよりは、海の上でまさかこのような物が・・・という驚きがありました。

この他にも特別企画ぐるりにっぽんとナホトカ・ウラジオストク(5/8-21)や待望の復活となるプラチナエンターテイメントクルーズ(9/27-30)、世界遺産をまわる屋久島・上五島・軍艦島周遊クルーズ(7/3-7)など、いつにも増して魅力的なクルーズをご用意してお待ちしています。ぜひご覧くださいませ〜!

ページトップへ