本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

夏だ、花火だ、クルーズだ!

_MG_9043

こんにちは、かもめ課長です。

花火クルーズの季節が始まりました!早速にっぽん丸は7月26日は大洗花火クルーズに行ってきたところです。クルーズで花火?と思う方、あるいは、船の上から打ち上げ花火?そんな風に考える想像力豊かな方もいらっしゃるかもしれません。

_D3_2744

ところで、かもめも先週隅田川の花火を見て来たのですが、早めに行くと珍しい光景が見られます。台船といって花火を打ち上げる台になるための船を見かけました。打ち上げ準備のために川をのぼっているのが不思議です。水の周りで行われる花火は船から打ち上げられていたのですね。

_D3_3218T

花火大会が始まれば多くの人が命がけ?で打ち上げている姿は圧巻です。あ、でもにっぽん丸の花火クルーズは、船から打ち上げるのではなくて、船の上から花火を見るだけです!間違っても命がけではありません!

・・・

なーんだ、それなら陸地から見よう、河川敷とかマンションの屋上とか・・・でもひとつ気になるのが人混み。花火大会にはつきものです。人混みを避けて遠くから・・・そうすると花火は小さくなってしまいますし、大きなドンッという音の臨場感もありません。うーん、どこかに迫力ある花火をゆっくりと鑑賞できるところないかなぁ。出来たら場所取りの必要がなくて、おつまみやドリンクも無料だと嬉しいなぁ・・・でもそんな所あるわけないかぁ・・・

_MG_2899

あります!そんなわがままを叶える場所、それが船の上なのです!!!本当に一度乗ったら癖になります。デッキに手をかけて見ても良し、テラスの席でも良し、あるいは部屋のバルコニーからシャンパンでも片手に・・・大空に広がる大輪の花を愉しむ!なんともあっぱれなクルーズなのです。今年の花火クルーズは8月の4種類がまずは狙い目ですっ!

8月2日|大船渡花火大会(8/1〜7横浜発着)

8月8日|館山花火大会(8/8〜8/9横浜発着)

8月13日|海峡花火大会(8/9〜8/16・または8/13〜16など5種類の区間乗船あり)

8月17日|熊野大花火大会(8/17〜19四日市発着)

こんなに設定されてるのです!まさに8月は花火クルーズ月間。

※年末にも別府の花火大会クルーズがあるので見逃した方はチェックしてみてくださいませ〜。

いま流行のネイルは・・・

_MG_9007a

こんにちは、かもめ課長です。

女性のファッションには疎いかもめですが、それでもネイルが流行っているのは知っています。街を歩いていても専門店をよく見かけるようになりました。実はにっぽん丸でも専門のネイリストが乗っているので、爪のお手入れやケアはもちろん、ネイルアートまで対応してくれます。

船上では世の中の流行とはちょっと違った流行のネイルがあったりします。例えば台湾に訪れるクルーズだったら台湾の国旗をネイルアートで入れてみたり、あるいはオレンジナイトなどテーマのあるイベントの日に合わせて、オレンジにしてみたり・・・色々と船上ならでは!を皆さん楽しんでいるようです。

_D3_9371

かもめが今までで一番驚いたネイルはこちら!な、な、な、なんと!にっぽん丸のネイルです。「にっぽん丸が好きなんです!!」とおっしゃっていた方で、こちらは乗船する前に準備してきてくれたそうです。本当にその時のクルーズを楽しみにしていたようで、かもめも聞いていて嬉しい限りでした。皆様も乗船前に、あるいは乗船してからでもサロンや時々はテラスでのネイルアートなど、指先のオシャレをクルーズ流に楽しんでくださいませ〜。

3日目の気分転換はお寿司でも〜

_D3_4382_mini

こんにちは、かもめ課長です。

明日はお盆です。とはいえ地域や暦で人それぞれなのでピンと来ない方も多いと思います。15日付近は満月が綺麗だからご先祖様も夜道に迷わないのかな? かもめの所では一足先に、昨日お盆の集まりをしてきました。丑の日も近いし鰻でも食べようかなと鰻やさんに聞いてみると、もう予約で一杯とのこと・・・。ひえー、ということでお寿司にしました。

_D3_4405_mini

お寿司?・・・そう、お寿司と言えばにっぽん丸です!(ちょっと無理があるかも)それでもにっぽん丸のお寿司は超本格的な握りが味わえるとあって人気があります!なかなかお寿司目当てで乗船という方はお会いしませんが、それでも「乗船したらお寿司に1回は行くのが楽しみ」という方はお会いします!

sushi04

にっぽん丸ではいつも夕食がついているので、ダイニングに行けばコース料理が用意されているのですが、気が向いたらお寿司やさんやバーなどが船内にあるので食べに行けます。別料金ですが、普通に食べるよりもずっと低価格で何より漁港を回って新鮮な魚が沢山積まれているので味は抜群、職人も寿司専門の握り手が乗船しているので安心です。

_D3_5480amini

船上の寿司といえば変わり種も。これはたまにしか無い企画なのですが、デッキの上で色々な料理をビュッフェで頂く、その名もデッキランチ。海上で料理された寿司やフルーツなどが盛りだくさん。やはり海を見ながら頂くお寿司は最高です。かもめは回っているお寿司が多いので、たまにしっかりした握りが食べたくなってしまいます。皆さまも4、5日間くらいのクルーズに乗船したら1回はお寿司をお楽しみにいかがでしょうか〜!

星を見に船に乗る!

_D3_8611raw

こんにちは、かもめ課長です。

もう少しで七夕。なんとなく夜空を見上げた時には、よく聞いてたおとぎ話を思い出しますね!彦星と織姫が・・・というあの有名なお話。地域によって違うみたいですが、もともとは「七夕の前日にあたる6日、7枚の葉っぱに歌を書いて、7日に海へ流す」というのが風習だったみたいです。かもめも久しぶりに願いごとでも書いてみようかな〜。

_D3_8644raw

にっぽん丸ではよくイベントで「星座教室」が開かれます。航海士の方が実際の星空を見ながらレクチャー。その時だけはデッキの余分な明かりは消します、すると周りに街灯などまったく無い海の上。これほど天体観測に適した所は世界広しと言えどなかなかありません。そういえば、昔の航海士は天体の分度器みたいなもので船舶の位置を確かめて航海していたから、その名残でにっぽん丸でも航海士が「星座教室」をしているのかもしれません?

_D3_8653raw

調べていたら海外でも呼び名こそ違うものの、七夕の文化があるそうです。韓国では男女が出会ったうれし涙の雨が降る日、中国では恋人同士の祝い日(バレンタインデーのようなもの)、台湾でも男女がプレゼント交換をする日とされているそうです。天体のロマンは世界共通なのですね!かもめも船上で撮った写真を見ながら改めて星座探し・・・でも夏の大三角形すら見つけられず・・・天の川が綺麗に見えてるのは分かるのですが・・・「かもめ座」とか無いのかな−、と勝手に作ってしまいそうな勢いです!

ページトップへ