本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

かもめ雪とにっぽん丸

_D3_4595raw

かもめ課長です。

ここはどこでしょう。まるで北海道の小樽港に来たような景色です。それでも大き
な桟橋には見覚えがある人も少なくないのでは。そう、横浜です!手前の公園が山
下公園なのはもうお分かりですね。首都圏であの大雪はまだ記憶に新しい。初めは
それほど降らないと思われていましたが、あっという間の銀世界でした。

_D3_4607raw
かもめはあの日は仕事に車で出掛けようとしたのですが、(かもめの車は四輪駆動
でスタッドレス、それにチェーンも積んであるので安心なのですが)一番近い環線
道路に出て引き返しました。完全に動かなくなっていたので、電車に乗り換えて仕
切り直しです。深追いしていたら帰れなくなっていたところです。むむむ。積雪は
横浜で13センチを記録したそう。

滅多に見ることのない貴重な雪景色でした。

東京シティフィル x にっぽん丸のパンフレット撮影

TC_c_kazashito

撮影:中村風詩人

こんにちは、かもめ課長です。

ただいまウィークエンド伊豆諸島周遊クルーズのパンフレットを制作しています。去年も好評だったこちらのクルーズ、なんと東京シティフィルのメンバーを自分で指揮したり、一緒にステージの上で演奏したりという夢のような経験が出来るエンターテイメントクルーズです。今年は新たなコンサートマスターをはじめ、10名の弦楽アンサンブルをお迎えして充実した内容になっています。でも、そのメンバーの皆様が揃った写真がない、ということで撮影に伺いました。

20121214_164612a

撮影日はコンサートの本番初日、超多忙なスケジュールを調整いただいてリハーサル後から会場までの15分間をいただきました。その中で個人個人10名分のプロフィール写真とメインビジュアルとなる集合写真を撮影するという中々ハードな内容でした。事前に現場に着くと会場を一周、撮影位置と構図を決めていきます。場所は一見普通のこちらの階段に決定、撮影機材を持ち込みセッティングへ。5分もすると集合写真用と個人写真用の2つのスタジオが完成しました。

all_members_2

本番直前の緊張感の中、ひとりひとり笑顔で応えてくれました。これも皆様の協力あってこそ、これからどんなパンフレットに仕上がるのか楽しみです。既に予約も受け付けていますので気になる方はこちらからスケジュールや詳細ご確認くださいませ。

ウィークエンド伊豆諸島周遊クルーズ(2013年4月12〜14日・横浜発着)

http://www.nipponmaru.jp/cruise/detail-130412.php

今年もにっぽん丸をよろしくお願いします。(かもめ課長より)

_MG_8824rawあけましておめでとうございます、かもめ課長です。

旧年中はお世話になりました。昨年にご乗船いただいた方も興味を持っていただいた方も、皆様ぜひ今年もにっぽん丸にお越しください。にっぽん丸は年末年始恒例のニューイヤーグアム・サイパンクルーズに行っていました。約10日間のスケジュールを終え、1月7日の日曜日に無事に横浜港に戻ってきました。かもめは乗船していなかったのですが、「日本に着いたら寒くて驚いた、向こうは暖かくて最高だったよ」と行ってきたクルー達から満足の声も聞くことが出来ました。天気にも恵まれ、綺麗な初日の出も拝めたようです。

_MG_7808raw_kamome

かもめはここ5年くらい年の始まりは中国で過ごすのが恒例になっていました。向こうの各都市では蛍光色にライトアップされた寺院やお城で軽い花火があがり、それなりに新年を祝うムードになります。実は中国では旧正月のお祝いの方がメインなので太陽暦でいう1月1日は、それなりのお祝いになっているようです。それで、今年のかもめはというと、家で大人しくして年を越しました。除夜の鐘を聞き、そばを食べて、おせちと初詣で幕開けです。ザ・日本の正月という過ごし方も安心感があってとても良いものでした。ただ年末に怠けていた大掃除を元旦から始めたので、少し新年という気分に欠けましたが・・・。

_MG_9303A

初詣に行ったとき、去年にっぽん丸のデッキから見た朝日に輝く潮彩の記憶が蘇りました。キラキラと遠くのほうまで輝く水の道、その光に導かれるように航海していったのは忘れられないワンシーンでした。明日からにっぽん丸は神戸を出港して新春初旅クルーズへと参ります。こんな印象的な光に出会うことが出来るでしょうか。京都の名店の味をにっぽん丸で楽しむ三日間の始まりです。

ページトップへ