本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

世界一周を夢見る女と、波止場の似合う男が登場。

かもめ課長です。

皆様は今年のゴールデンウィーク(GW)をいかがお過ごしの予定でしょうか。

今年のGWは東日本大震災と原発事故の影響からか、旅行にお出かけになる方が減っているそうです。箱根や日光、鬼怒川などの関東近郊の著名な観光地でも来訪者が激減。予約が前年比の半分という宿泊施設さんもあるようで、旅行業・観光業は大打撃です。

何となく、そう、何となく「不要不急」なことは自粛しよう、だから旅行も、ということなのかもしれませんが、家にこもっていたってどうなるものでもないですよね。刹那主義者ではないけれど、夫婦や家族、恋人との思い出は今しか作れないかもしれない・・・。にっぽん丸だって今しか乗れないかもしれない(そんなあなたに、世界一周クルーズ区間コース、好評募集中です)。

よくよく考えてみれば世の中は不要不急なものばかり。よく「衣食住」といわれますが、ハダカでも(葉っぱがあれば)、家がなくても(ほら穴があれば)生きてはいけます。「ライフライン」といわれる通信、ガス、電気ですら(もちろん自販機もパチンコも)なくたって、生きてはいけます。ましてやタバコだのお酒だの、音楽だの絵画なんてまるっきりいりません。極論すれば、肉体を保つためだけなら、最低限の食べ物と水があればいいんです。でもこれって、人間として生きていることになるのでしょうか。

この世の中も人間も、「不要不急」で成り立っていることに、あらためて気付かされました。

 

何だかつまらない禅問答みたいな話題でしたが、さて、せっかくのGWなのにそれでも家にいらっしゃる、という方は、是非テレビを見てください。何しろにっぽん丸が登場する番組が、GW中に2本も、しかも2日連続で放送されることになったのですから。気もそぞろで、出かけているどころではないかもしれません。

家にいないで不要不急を謳歌するご予定の方は、録画しましょう

では、その詳細です。

 

 

◆4月30日(土) 23:00~ 「先輩ROCK YOU」(日本テレビ系列)◆ 

日テレににっぽん丸登場。

 女優の南野陽子さんの夢は客船での世界一周クルーズ。そんな南野さんのためにタレントの
 JOYさんがクルーズの世界を徹底リサーチ。めったに見られない「〇〇〇でのにっぽん丸」が
 見られます。
 ※この番組は3月に放送される予定だったものです。
 ※番組HPには残念ながらにっぽん丸の姿がありません(T_T)が、もちろん出ていますので、
  ご安心ください。

 

 

◆5月1日(日) 16:05~ 「映像体験 イッキ見シアター」(フジテレビ系列)◆ 

フジテレビににっぽん丸登場。
 
 時間に追われる多忙な現代人のための劇場『イッキ見シアター』。「興味はあるけど時間がない…」
 というアナタに代わって体験&リポートします。今回はタレントのゆうたろうさんがにっぽん丸に
 乗船。にっぽん丸クルーズの楽しさをギュッと濃縮して、一気にお見せします。

 

 

ということで、今年のゴールデンウィークは、前半は家でのんびりテレビ、後半はその分外出して、できればパーっとお金を使うが吉。
かもめはそうします(ただしお金以外)。

 

 

※放送日時や内容は局の都合で変更されることがありますのでご了承ください。

風の詩人とかもめの楽園。

かもめ課長です。

にっぽん丸の世界一周クルーズレポート、読んでいただいていますか。ネットがつながる海域を走る限り、ほぼ毎日更新されています。それどころか、1日に2回も3回も更新されることも。写真家の中村風詩人(なかむら かざしと)さんが、キレイな写真とシャレた文章で綴るフォトエッセイです。

さすがに写真がきれいで、かもめの強敵が現れた感じです。しかも、名前もカッコイイ。なんてったって「風の詩人」ですよ。さらに本名だというのですから、たまげます。
昨年のロングクルーズ「太平洋一周クルーズ」では、クルーズレポートの運営をツアーディレクターに頼んだので、地位を脅かされる恐れは全くなかった(敵ではない)のですが、今回は・・・。自分でお願いしておいてちょっと後悔しています。

(↓)楽しいクルーズレポートへの入口は・・・
楽しいクルーズレポート(略して「クルレポ」)への入口。

 

 

 

今日のオマケは、世界一周に行ってみようかしらん、と思っているブログ愛読者の方に、世界一周に行く方しか見られない、極秘資料をご覧にいれます。世界一周に限らず、ロングクルーズに興味のある方はシミュレーションができて楽しいのではないでしょうか。

◆にっぽん丸 2011年世界一周クルーズ 最終のご案内◆
ご出発の直前にお届けする資料です。まもなくのご出発をワクワク、ドキドキお待ちのお客様に、最後のご案内。 → こちら からご覧いただけます。

最終のご案内H1
 

◆にっぽん丸 2011年世界一周クルーズ エンターテイメントガイド◆
91日間のにっぽん丸クルーズを盛り上げるエンターテイナーや講師の方々をご案内。さまざまなジャンルから厳選しています。 → こちら からご覧いただけます。

エンタメガイド

 

来年は世界一周クルーズではなく、「南洋の楽園クルーズ」を実施します。
ロングクルーズの醍醐味はそのままに、南洋に散らばる島々を、船旅ならではのアイランドホッピング。ニューカレドニア、フィジー、タヒチの世界的人気リゾートを、究極の楽園に仕立て上げたにっぽん丸で、一気めぐりです。

外も楽園、中も楽園。
 
 

で、かもめの楽園はどこにあるのでしょうか。

2つの出港風景。

かもめ課長です。
うかうかしている間に、ここ東京ではあっという間に桜の満開を迎え、もう散り始めてしまいましたね。花見の自粛なんて風情のフの字もない不粋なことをするはずもないのですが、かもめは2つの航海の出港準備でこの週末をつぶしてしまい、タイミングを逸しました。

さて本日、汗ばむような陽気の中、にっぽん丸は改装されて初めての世界一周クルーズに出港しました。今年の世界一周クルーズは、中東情勢の悪化による航路の大幅変更や東日本大震災など、出港までにいろいろなことがありました。横浜でのセレモニーは見送られましたが、代わりに、キメのにっぽん丸名物「ボンダンス」は、ターミナルで見送る社員もみんなで踊りました。

にっぽん丸を通じて、お客様も見送りの方々も、クルーも陸上社員も、みんなで共通の笑顔の時間を持つことができました。何だか久しぶりのような気もします。そして明日、神戸からのお客様をお迎えして、本格始動です。
 

 

(↓)昨日の横浜港大桟橋。お客様のお荷物を載せた宅配のトラックが到着。
宅配便が10トン車3台で。

大切に積み込みます。

(↓)で、本日の乗船受付となりました。ただいま準備中。
いよいよ乗船受付です。

 (↓)船内には番留キャプテンサイン入りの海図が貼り出してありました。約60,000kmの大航海です。
船内にはにっぽん丸船長手書きの航路図。 

サイン入り。

(↓)天気も良くて、平日にもかかわらず多くのお見送りの方が来てくださいました。
いってらっしゃい。

(↓)そうだ、そうだ。
がんばろう、ヨコハマ。

  (↓)多くのお客様が最後まで名残を惜しんでくださいました。
送迎デッキのはしまで、船を追いかけて最後までお見送り。

   |
   |
   |
   |
   |
   ▼

そして、もう一つの出港。商船三井の東日本大震災支援プロジェクトで、おととい、にっぽん丸の姉貴分、ふじ丸が東京港を出港しました。厳しい避難生活を1ヶ月も強いられている方々に、ほんのひとときでもくつろいだお時間を過ごしていただきたい、温かくておいしい食事を存分に召し上がっていだきたいとの趣旨で、大船渡、釜石、宮古の各地に寄港し、お食事、ご入浴、客室使用などのサービスを無償でご提供します。本日0730には最初の活動地、大船渡港に着岸しましたが、がれきや段差が残る厳しい状況の中でも海洋少年団の皆さまが手旗で歓迎してくれました(感涙)。

みんなが、これまで商船三井グループのにっぽん丸・ふじ丸を、寄港の度に大歓迎してくださった地元の方々へ、ささやかなご恩返しをしたいと思っています。総計6,000人くらいの方々が利用できるよう、準備万端整えておりますので、是非多くの皆さまにご利用いただきたいと思います。

いってきます!!

(↓)船内にはこんな張り紙が。大変な中でおいでくださった皆さまに、「よくいらっしゃいました、ふじ丸へ」と岩手弁でお礼を。
おでんせ、ふじ丸へ。

(↓)お客様をお迎えする準備中。ふかふかのタオルをみんなでせっせとたたんでいます。
皆さまをお迎えする準備中。

(↓)船内にはキッズコーナーを設置。すごく楽しそう。
キッズコーナーです。

(↓)女の子にはおままごとをご用意。
女の子にはおままごと。

(↓)男の子には野球盤を。消える魔球の使用を認めるか、悪ガキ同士でよくモメました。
男の子には野球盤(なつかし~)。

(↓)あいにくの天候の中、お見送りありがとうございます。
お見送り、ありがとうございます。

(↓)お役に立てるよう、乗組員・ボランティアスタッフ一同お待ちしています!!
いってきます

 ここだけの話ですが、映画の上映やカラオケなんかも用意しています。少しでもストレス発散のお役に立てばいいですね。 

 

どんなクルーズであってもお客様の笑顔が一番です。どんなお客様にも笑顔になって欲しい。にっぽん丸、ふじ丸はいつでもそう想っています。

 

 

かもめでした。

ページトップへ