本文へジャンプ

かもめ課長のブログ レポートから裏話まで、私かもめ課長が更新しております。

海のイメージ写真

永遠に不滅です!

かもめ課長です。

突然、寒くなりましたね。昨日の東京はなんでも、10月として72年ぶりの寒さだったとか。最近は夏の暑さばかりが印象に残りすぎるせいか、秋をゆっくり楽しんだ感じがしませんよね。某鉄道会社の秋キャンペーンのコピー「『暑い』『寒い』だけで私の一年が終わるなんて、ジョーダンではありません。」って、けだし名言だと思います。

そんな季節ですが、かもめは暖かなイメージのある宮崎は日南に行ってきました。宮崎でも南の方にある日南は、黒潮の恵みも豊かな街です。一方で山の恵みも豊かで、高品質の杉(飫肥杉)やみかんなども有名です。この町の油津港に、我らがにっぽん丸が初寄港するので、その受け入れとツアーの運営に行きました。

準備と打ち合わせのために寄港の前日に日南入りしました。日南は、ほんわかと暖かい空気に包まれ、でもすがすがしく、ちょっと動くと汗ばむくらいの陽気です。さすがは西武ライオンズや広島カープがキャンプを張るだけあるなーとヘンな感心をしていたのですが、翌日の寄港日は一転して冷たい強風が吹き、気温もあまり上がりませんでした。

でも、熱い日南の皆さんのおかげで、初めての寄港は大変な盛り上がりでした。

 

(↓)強風の中の入港とは思えない、おだやか~な景色です。
油津港入港。

 

日南ではにっぽん丸初寄港ということで、通常のオプショナルツアーのほかに、無料巡回バスをご用意しました。にっぽん丸農園でのみかん狩り⇒飫肥⇒にっぽん丸と結びます。

 

(↓)まずは、にっぽん丸農園でのみかん狩りツアー。日南の太陽を一杯に浴びたあまーいみかんです。
今回のにっぽん丸農園はみかん。

(↓)「太陽の雫」というブランドみかん。糖度が11度~15度もあり、キロ700円もするものもある高級品だそうです。
キロ700円がたわわに。

(↓)食べ放題、袋に詰め放題。皆さん「楽しい」「おいしい」と。
みかん狩り、楽しいです。

 

みかん狩りのあとは巡回バスで飫肥市内へ。飫肥城や豫章館での歓迎イベントをお楽しみいただきました。

 

(↓)飫肥城では泰平踊の披露がありました。
泰平踊の披露です。

(↓)豫章館正門。この中で野点が行われ、お菓子とお抹茶の振る舞いをいただきました。
豫章館でもイベントが。
歓迎、にっぽん丸。

(↓)豫章館のお庭をお借りして、歓迎の野点。
野点です。

(↓)お客様が一服された後でスタッフもこっそりお相伴にあずかりました。お茶請けは飫肥のお菓子「おきよせんべい」。結構入手困難なのだそうです。
これがレアモノ、おきよせんべい。

 

そしてお別れです。

 

(↓)地元幼稚園児のカワイイ鼓笛隊が盛大に見送ってくれます。
タッタカターとカワイイコテキタイ。

(↓)演奏終了と同時に紙テープが舞います。実はこのウラで紙テープを追い掛け回してはしゃぐ子供たちを、大人が追い掛け回しています(海に落ちたらオオゴトなので)。
さようならー。また来るよー。

(↓)船の向こうから輝く夕陽が差し込んできます。
船の向こうから、輝く夕陽が。

(↓)子供たちもたちまちオレンジ色に染まります。
オレンジ色のニクイ子たち。

(↓)後光がまぶしいです。
また来ますよ~。

ご承知の通り、宮崎は口蹄疫でとても大きな痛手を受けた地域ですが、復興に向けてみなさん、一生懸命努力をされていると聞きました。一刻も早く、フェニックスのごとく元気な宮崎に戻ることを心からお祈りしております。

 

宮崎は、永遠に不滅です!

かもめでした。

※にっぽん丸は2011/1/10に、「新春の瀬戸内海・宮崎クルーズ」で宮崎港に寄港する予定です。

待望の“春夏コレクション2011”発表しました。

かもめ課長です。

本日、2011年2月下旬から8月中旬までのクルーズを発表しました。発表済みの「2011年の世界一周」クルーズを含め、春夏モノの23本、一挙公開です。ワンナイトのカジュアルクルーズから、”KING(QUEEN??) of CRUISE”の世界一周クルーズまで、まさにクルーズの見本市状態、きっと迷ってしまいます。

お申し込み受付は、2010年11月5日(金)09:30開始。いつもお申し込みの旅行会社または当社まで、お電話お待ちしております。

 こちら をクリックしていただくと、速報版がPDFでご覧になれます。

 
 

季節の美しい花々、爽やかな潮風、満天の星空、静かな海面に映る月影。勇壮な祭、大迫力の花火、海に迫る奇観、船でなければアクセスできない秘境、どこまでも青くて広い空と海・・・。
楽しみ盛りだくさんの、春夏の人気クルーズが目白押しです。テレビで話題になった「あの」クルーズも発表されていますので、関心のある方は是非是非、パンフレットをご請求ください。ただいま、張り切って印刷中ですので、完成次第、ホヤホヤでお届けします。
「ブログ見た」などと一言書き添えていただけたらうれしいです。

ご乗船、お待ちしております。
にっぽん丸でお待ちしております。
クルーズって楽しいですよ。
ワタシタチガ、オマチシテイマス!

 

 

験を担いで、今日の文章にはオチ(が)ない、かもめでした。
  
  
  
—– 山田君、ザブトン3枚!

世界の船旅。

かもめ課長です。

来週の月曜日(10月18日)とその翌週の10月25日の夜、あわせて約2時間に亘ってにっぽん丸の関連番組が放送されます。この春にリニューアルしたにっぽん丸初めてのロングクルーズ「太平洋一周クルーズ」の全行程、51日間に密着した番組です。あまり採り上げられることのないロングクルーズのようすが伝われば、と思います。

番組名は「世界の船旅」BS朝日です。このブログをご覧の方なら、ひょっとして既にヒイキにされている方もあるかもしれません。番組始まって以来の2週連続放映です。何せ、51日間の壮大な記録なので、取材したテープはトータルで100時間以上。寝ないで見ても4日以上かかります。今となっては貴重な、ドックでの改装シーンなどもあります。これらを2時間にまとめるのですから、断腸の思いです。きっとBS朝日さんが、残りのテープで「続・にっぽん丸太平洋一周クルーズ」とか、「続々・にっぽん丸太平洋一周クルーズ」「にっぽん丸太平洋一周クルーズNG集」などを作ってくれるでしょう。

 

取材にご協力いただきましたすべての皆様、ありがとうございました。

番組のホームページ  こちら → http://www.bs-asahi.co.jp/funatabi/31_40.html#039 です。

◆にっぽん丸「太平洋一周クルーズ」放送日程 / BS朝日
 【前編】2010年10月18日(月) 21:00~21:54
 【後編】2010年10月25日(月) 21:00~21:54

世界の船旅HPです。

 

ところで、先日かもめはこの番組の後編のMA(BGMやナレーションを入れる作業)の立会いで、六本木のスタジオに行ってきました。今回は18ページにもなる量のナレーションを一気に入れていきますので、結構長丁場になります。しゃべるナレーターさんも大変ですが、制作サイドも大変です。その場で台本を修正したり、読み方の抑揚を相談したり、言葉の使い方や語義を確認したり、アクセント事典でアクセントを調べたり、原語の地名をカタカナ読みに直すのにどういう読み方がいいか議論したり・・・。特にロシア語なんかさっぱりわかりません。

かもめは諸般の事情で途中で退散しました。決して飽きたとか、サボったわけではありません。が、いい具合に帰りのバス停前にラーメン屋さんがあり、ちょっと一杯(ラーメンを)引っ掛けてきました。

そういえば、スタジオに、こんな本がありました。ディレクターがアラスカで購入してきたそうですが、表紙がにっぽん丸(旧船体ですが)!!写真ではちょっと見にくいかも知れませんが、何だかうれしくなって写真撮っちゃいました。トレイシーアームという峡谷のようなところにあるソイヤー氷河ですね。

(↓)はるか太平洋の向こうでも、にっぽん丸。
こんなところに、にっぽん丸が。

 

 

 

では、放送をお楽しみに。かもめでした。

赤いりんごに、にっぽん丸。

かもめ課長です。

先日の「秋の味覚 ~根室・八戸・大船渡クルーズ」で寄港した八戸から嬉しいものが届きました。
当社では「にっぽん丸農園」なる企画をやっています。地元の名産品を作っている農家の方とタイアップして、様々な美味しいものを特別に作っていただいています。実際に社員が受粉作業のお手伝いをしたり、収穫作業を手伝ったりしているものもあります。
これまでに、メロン、とうもろこし、じゃがいも、いちご、もも・・・しまいには米までやってみました。

今回届いたりんごも、にっぽん丸農園産。今回のクルーズで実施したオプショナルツアーでしか手に入らない、「にっぽん丸農園産のりんご」なのです。

 

(↓)黒い文字をはがすと、白抜きで「歓迎 にっぽん丸」。
歓迎 にっぽん丸
レアなにっぽん丸りんご
甘くておいしいりんごです。

 

 

今度は何を作りましょうか。かもめでした。

ページトップへ